〜「よくもそんなことを」にスポーツ界はどう応えるべきか〜

先月末の国連気候行動サミット登壇したスウェーデンの高校生環境活動家グレタ・トゥンベリさんの怒りの言葉が世界を騒がせてから、一か月も経たないうちに、日本は未曽有の巨大台風を経験しました。被災された方々には、心よりお見舞い申し上げます。

テレビでの中継は現実とは思い難いもので、河川の決壊71か所、死者86人、行方不明8人という甚大な被害をもたらしました(NHK10月25日時点)。 前日に威力低下しなければ、首都圏も1週間の停電、水害に見舞われ機能不全に陥る状況だったとも言われました。

続きはこちらから