alterna columnist

坂本優

オレンジ色の野鳥――ジョウビタキ再び

■私たちに身近な生物多様性(24)[坂本 優] 前回、「紋付き鳥」こと、ジョウビタキをご紹介し、紋付きという名前の由来となった翼の中央付近の白斑についてふれたが、掲載誌面によってはスペースの関係などで白斑が確認できる写真 […] (2016/12/4)

石井先生

「日本列島で生きる」-原発とエネルギー、食を考える

1)本当のエネルギー問題とは シェール、メタンハイドレートなど 脱原発に関連してアメリカのシェールオイルに期待する人が多いが、そのエネルギー収支、EROIが低く、ネットエネルギーが少ない事を理解すべきだ。米ノースダコタB […] (2016/11/27)

株式会社伊藤園 常務執行役員 笹谷 秀光

高知県知事ほか登壇、地方創生フォーラム「まちてん」

「日本のまちに、光を当てよう!」、これが12月9日(金)、10日(土)に東京都渋谷のヒカリエで行われる「まちてん」という名の「地方創生まちづくりフォーラム」のテーマである。参加者を代表して筆者が「まちてん2016実行委員 […] (2016/11/27)

石井先生

日本列島で生きる-経済成長主義の日本を思う

「地球は有限、資源は質が全て」。これが基本的な「自然と共存の思想、理念」だ。だがそう思わない人が指導層に大勢いる。「今だけ金だけ自分だけ」。技術万能の強欲資本主義が社会を劣化させた。マイナス金利の禁じ手を使っても社会は沈 […] (2016/11/24)

株式会社伊藤園 常務執行役員 笹谷 秀光

サステナビリティの共通言語SDGsとCSRの関係

SDGsに企業はどう対応すべきか。企業現場から見ていると、CG、ISO26000、CSV、ESG、SDGs 等次々と新概念が発出され、どう体系化していくのか混乱が見られる。すでに浸透・定着しているISO26000をベース […] (2016/11/22)

坂本優

オレンジの色鮮やかな野鳥――ジョウビタキと白い斑点

■私たちに身近な生物多様性(23)[坂本 優]  柿の実は、野鳥たちの格好のご馳走だ。ヒヨドリやスズメ、メジロ、シジュウカラ、ムクドリ、ツグミたちがついばみ、数日見ないでいると、いつの間にかなくなってしまう。 晩秋のある […] (2016/11/11)

7月にプロボノで行われた会計相談の様子

被災地のプロボノ支援から地方創生のコンサルへ

震災直後からプロボノとして自治体や企業、NPO などを対象に、事業計画の策定や国内外の基金・ファンドとのマッチングといったコンサルティング支援を展開してきたPwC コンサルティング。2013 年 11 月には専門組織「東 […] (2016/11/9)

03ad8853caa466cb313c55ef2a1d10f6

ゲイツ財団の「成果を求めるフィランソロピー」とは

「ビル・ゲイツやザッカーバーグのように、ベンチャーで成功した人が、フィランソロピーを当たり前に行う社会をつくっていきたい」ーー。楽天の三木谷浩史会長兼社長(新経済連盟代表理事)は今年4月、東京で開催された新経済サミット2 […] (2016/10/31)

中島さん

フェアトレードを調達戦略に組み込むグローバル企業

【フェアトレードシフト 1】 フェアトレードというと、日本のビジネス界にはいまだ多くの「誤解」があるようだ。「品質が悪い」「十分な供給量がない」「一部の物好きがやるもの」「ビジネスとして成り立たない」などが、代表的な誤解 […] (2016/10/28)

小鳥遊レストラン――「ショート・ショート」こころざしの譜(1)

「ショート・ショート」(掌小説) こころざしの譜 小鳥遊レストラン 高梨義範の朝は早い。蒸し暑さを感じながら庭で草をむしっていると、孫の霞子がベッドに臥せたままこちらをうかがう様子である。 クヌギの古木から樹液がしみ出て […] (2016/10/27)

7代目現当主のミッシェル・ドラピエ氏

カーボンニュートラルの老舗シャンパン

ワイン大国フランスのオルタナティブなワイン造り(4) 「シャンパーニュ・ドラピエ」(コート・デ・バール) ミッシェル・ドラピエ氏(7代目当主) 大手シャンパン生産会社が集まるシャンパーニュ地方の首都ランスから南東90km […] (2016/10/25)

株式会社伊藤園 常務執行役員 笹谷 秀光

地方創生フォーラム「まちてん」へのご案内

「地域の課題×企業の力×光るアイデア=課題解決」 地方創生は筆者のライフワークになりつつある。「地域の課題×企業の力×光るアイデア=課題解決」だ。これをテーマに12月9日、10日には東京都渋谷のヒカリエで「まちてん」とい […] (2016/10/19)

株式会社伊藤園 常務執行役員 笹谷 秀光

フォーチュン「世界を変える企業50選」伊藤園が18位

米有力ビジネス誌『フォーチュン(FORTUNE)』(※)は2016年9月1日号の特集で「世界を変える企業50社(50 Companies That Are Changing The World)」を発表した。これは事業を […] (2016/10/3)

坂本優

都会の水辺で青く輝く生きもの2題

  ■私たちに身近な生物多様性(22)[坂本 優]  チョウトンボ チョウトンボは、ほぼ全身が紺青のトンボだ。東京都心でも、夏、東京港野鳥公園の観察小屋から高い確率で観察することができる。陽射しの強弱、光線の反 […] (2016/9/23)

工房のあった建物の内部

台風被害から約3週間、岩手県岩泉町からのメッセージ

台風10号で大きな被害を受けた岩手県岩泉町。水道や電気、道路は地域の方および各方面の懸命な努力で復旧しつつありますが、現在も300人以上が避難所に避難されています。高齢者世帯が多いため、片付けが困難でボランティアも不足し […] (2016/9/20)

目標達成に向けて気合いを入れる高校生たち

高校生が東北3県の名産品販売、アルビオンが後押し

化粧品メーカー・アルビオンが、東日本大震災の復興支援の一環として2014年から取り組む、高校生が選ぶ地域の特産品を、高校生自身が東京で販売するプログラム、称して「東北ふるさと市場プログラム」。参加した高校生が「ふるさと」 […] (2016/9/20)

CSR48

コミュニケーションロボットで遠隔地から演奏会鑑賞

  残暑の厳しい9月のとある夜、東京・赤坂にあるサントリーホールの小ホールで、ちょっと風変わりなピアノ演奏会が行われた。最前列に陣取ったのは観客ではなく、5体の小型ロボット。実はこのロボットを通して、ホールから […] (2016/9/14)

0912_1

地方創生映画『クハナ!』が問う「価値」の意味

「価値」とは何か。人間は判断を理性的に行う生き物で、特に企業活動では「価値」はお金に換算できなくてはいけないと言う性があります。しかし、私が住む三重県桑名市のある映画づくりプロジェクトを通して、本当の価値とは何かというひ […] (2016/9/13)

坂本優

鳥たちが旅する道、フライウェイ・ネットワーク

■私たちに身近な生物多様性(21)[坂本 優]  渡り鳥の「渡りのルート」を地球的規模で大きく束ねた、ゾーンとしての移動経路を「フライウェイ」という。世界には、9つの主要なフライウェイがあるとされる。日本は、そのうちの一 […] (2016/8/15)

岩手「龍泉洞の化粧水」が誕生、地域資源の生かし方

新規事業開発に際し、既存アセット(資産)を有効活用するケースはよくある。今春新たに誕生した、岩手県岩泉町の持株会社「岩泉ホールディングス」。新規事業開発にあたり、事業会社である岩泉乳業と岩泉産業開発が、化粧品開発で既にビ […] (2016/8/3)

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑