alterna columnist

アマゾンからの伝言②―スティングの思い受けて

◆「アマゾンからの伝言」①―RFJ南研子代表講演会 1989年5月、熱帯森林保護団体(RFJ)代表の南研子さんがスティングとラオーニを空港に迎えに行っている頃、私は、その数日前、スティングがパリの放送局で「アマゾンの森が […] (2017/1/19)

キュレーションサイト問題の「本当の問題」とは

2016年後半、僕にとって印象に残ったニュースのひとつが、「DeNA」が運営する医療系情報サイト「WELQ(ウェルク)」が、不正確な情報や、著作権への配慮を欠く記事を掲載していた問題で公開停止となった事件だった。 「De […] (2017/1/17)

「アマゾンからの伝言」①―RFJ南研子代表講演会

いまから27年前、ロックシンガーのスティングがアマゾンの森を守るためのワールドツアーを行いました。カヤポ族の酋長ラオーニとともに。 その時、日本での受け入れをお手伝いした縁で、南研子さんは熱帯森林保護団体(RFJ)を起ち […] (2017/1/16)

9a24fa1707518048d0732b6a0c8bf514-120x120

地域社会との対話を―子どもの権利とビジネス(8)

世界的なCSRの動向のなかで主流化してきた人権への取り組みだが、子どもの権利と企業の責任を明確につなげる枠組みとして、「子どもの権利とビジネス原則」(CRBP)が2012年3月に発表された。シリーズ「ビジネスと子どもの人 […] (2017/1/12)

齊藤紀子さん

都市開発とイノベーティブ・マーケティング

都市開発とイノベーティブ・マーケティング――企業と社会フォーラム(JFBS)第6回年次大会 企業と社会フォーラム(JFBS)は2016年9月8、9日、「JFBS第6回年次大会」(後援:日本マーケティング学会)を早稲田大学 […] (2017/1/11)

29c9e36d0dacf7c4823dcaa26c6d7d48-120x120

新成人の大暴れ、私たちができるたった一つのこと

あけましておめでとうございます。そして、今年も121万人の新成人誕生のお祝いがされました。重ねてめでたいことです。同時につくば市で新成人が暴れて成人式が中断したというニュースが流れてきました。 暴れた「子どもたち」は、「 […] (2017/1/11)

岩崎唱

森のライフスタイル研究所の森づくり活動を振り返る

  特定非営利活動法人森のライフスタイル研究所は、都会で暮らす普通の人々が気軽に楽しめる森づくり活動を展開している。本来であれば昨年末に総括しておくべきだったが、正月休みを利用して2016年の森のライフスタイル […] (2017/1/7)

陰徳5人衆 「ショート・ショート」こころざしの譜(2)

歳末の人込みでにぎわう夕暮れのアメ横を背に上野公園の方角へ5人の男が歩いている。みな長身でがっちりした体格だ。 コートの襟を立てているが、よく観察すれば、どこかで見たことのある顔だとわかるのだが、せかせかと家路を急ぐ人た […] (2016/12/28)

散見される様々な格差―ダイバーシティの現状(9)

女性の活躍推を試金石に、女性が長く働き続けることを支援するだけでなく次のステップとして、男性とは異なりうる女性ならではの視点や能力を引き出し企業価値創造に結びつけようとする視点、すなわち「ダイバーシティを活かしたイノベー […] (2016/12/27)

地域に足繁く通い、交流を重ねることで信頼関係が深まった

「B to S」で地域協働を目指す、日立のプロボノ支援

日立製作所ICT事業統括本部CSR部の増田典生部長は、東日本大震災で被害を受けた地域の復興に、ITで貢献できることはないかを模索していた。その中で、被災地域の企業や自治体と、都市圏の企業をつなぐ「共創プロジェクト」などを […] (2016/12/27)

20161104kn01

WWFジャパン 「COP22マラケシュ会議レポート」

COP22マラケシュ会議~パリ協定はより強固に WWFジャパン気候変動・エネルギープロジェクトリーダーの小西雅子です。 世紀の温暖化対策の国際協定「パリ協定」が2015年末に採択されてから、わずか11か月で発効しました。 […] (2016/12/9)

齊藤紀子さん

海外の研究者集い「社会課題とマーケティング」議論

欧米・アジアの研究者ら集い、「社会的課題とマーケティング」を議論――企業と社会フォーラム(JFBS)第6回年次大会報告 企業と社会フォーラム(JFBS)は9月8、9日、「社会的課題とマーケティング」を統一テーマとして「J […] (2016/12/8)

坂本優

オレンジ色の野鳥――ジョウビタキ再び

■私たちに身近な生物多様性(24)[坂本 優] 前回、「紋付き鳥」こと、ジョウビタキをご紹介し、紋付きという名前の由来となった翼の中央付近の白斑についてふれたが、掲載誌面によってはスペースの関係などで白斑が確認できる写真 […] (2016/12/4)

石井先生

「日本列島で生きる」-原発とエネルギー、食を考える

1)本当のエネルギー問題とは シェール、メタンハイドレートなど 脱原発に関連してアメリカのシェールオイルに期待する人が多いが、そのエネルギー収支、EROIが低く、ネットエネルギーが少ない事を理解すべきだ。米ノースダコタB […] (2016/11/27)

株式会社伊藤園 常務執行役員 笹谷 秀光

高知県知事ほか登壇、地方創生フォーラム「まちてん」

「日本のまちに、光を当てよう!」、これが12月9日(金)、10日(土)に東京都渋谷のヒカリエで行われる「まちてん」という名の「地方創生まちづくりフォーラム」のテーマである。参加者を代表して筆者が「まちてん2016実行委員 […] (2016/11/27)

石井先生

日本列島で生きる-経済成長主義の日本を思う

「地球は有限、資源は質が全て」。これが基本的な「自然と共存の思想、理念」だ。だがそう思わない人が指導層に大勢いる。「今だけ金だけ自分だけ」。技術万能の強欲資本主義が社会を劣化させた。マイナス金利の禁じ手を使っても社会は沈 […] (2016/11/24)

株式会社伊藤園 常務執行役員 笹谷 秀光

サステナビリティの共通言語SDGsとCSRの関係

SDGsに企業はどう対応すべきか。企業現場から見ていると、CG、ISO26000、CSV、ESG、SDGs 等次々と新概念が発出され、どう体系化していくのか混乱が見られる。すでに浸透・定着しているISO26000をベース […] (2016/11/22)

坂本優

オレンジの色鮮やかな野鳥――ジョウビタキと白い斑点

■私たちに身近な生物多様性(23)[坂本 優]  柿の実は、野鳥たちの格好のご馳走だ。ヒヨドリやスズメ、メジロ、シジュウカラ、ムクドリ、ツグミたちがついばみ、数日見ないでいると、いつの間にかなくなってしまう。 晩秋のある […] (2016/11/11)

7月にプロボノで行われた会計相談の様子

被災地のプロボノ支援から地方創生のコンサルへ

震災直後からプロボノとして自治体や企業、NPO などを対象に、事業計画の策定や国内外の基金・ファンドとのマッチングといったコンサルティング支援を展開してきたPwC コンサルティング。2013 年 11 月には専門組織「東 […] (2016/11/9)

03ad8853caa466cb313c55ef2a1d10f6

ゲイツ財団の「成果を求めるフィランソロピー」とは

「ビル・ゲイツやザッカーバーグのように、ベンチャーで成功した人が、フィランソロピーを当たり前に行う社会をつくっていきたい」ーー。楽天の三木谷浩史会長兼社長(新経済連盟代表理事)は今年4月、東京で開催された新経済サミット2 […] (2016/10/31)

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑