alterna columnist

サステナビリティ経営の質を見極める

ESG(環境・社会・ガバナンス)やSDGsなど、サステナビリティが注目され、企業の取り組みも進んでいる昨今ですが、本当にその企業が社会・環境にしっかり配慮しているのかを見極めるのは至難の業です。CMがキャッチーだから、い […] (2018/6/22)

キムチ売りは「おばちゃん宣教師」 :こころざしの譜

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(18) 玄児美(ヒョン・アミ)は駅前の通りを落ち着きなく行ったり来たりしていた。誰もが背を丸め家路を急いでいる。3日前、小学1年生になる娘の春琴(チュングム)が行方不明にな […] (2018/6/7)

フジテレビが硬派な環境番組、次世代に伝えたい

「フジテレビは放送の公共的使命と社会的責任を認識し、全ての人がより良い地球環境の下で平和に共存し、心身ともに健やかな生活を維持できる世界の実現につとめる。」 フジテレビ番組基準の冒頭に綴られている言葉である。この基準をど […] (2018/5/23)

「もう一つの選択」――日本農業 常識と非常識の間

前回、「ローカリズムと日本農業」という記事を書いた。それに類することでいえば、グローバルかローカルか、ファーストかスローか、単一か多様性か、集中か分散か、いずれもこれからの時代を考える大切なキーワードだ。この問題は時代の […] (2018/5/14)

今年も帰って来てくれた 左足の指のないコチドリ

私たちに身近な生物多様性(33)[坂本 優] コチドリはスズメよりやや大きい程度の大きさの水鳥だ。関東地方には春になると南から飛来する渡り鳥で、秋には、台湾からインドネシアにかけての地域などに帰っていく。一部は、沖縄など […] (2018/5/14)

メディアとGPIFとセクハラ

連日絶えることなく報道されるセクハラ問題をこのコラムで取り上げるか、最初は躊躇した。SusConが通常取り組んでいるサステナビリティ課題とは直結しないと思っていたからだ。しかし、今の日本のESG投資を牽引しているGPIF […] (2018/5/1)

「マーケット」は共感しているか

「マーケット」は共感しているか ――社会課題解決時代のビジネス・アプローチ NBAでの経験を頼っていただいてか、B LEAGUE Hope 効果なのか、最近スポーツ界幹部からの問い合わせが増えてきた。 ・プロスポーツチー […] (2018/4/25)

小児病棟のピエロ こころざしの譜(17)

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(17)  田植えが終わり居間でのんびりしていた雅代のところに娘の玲子から突然電話が入ったのはほんの一週間前のことだった。 「お母さん、勇介が・・・」と叫んだきり、後が続かな […] (2018/4/25)

緊急出版!笹谷のSDGs講座

このたび環境新聞社より、笹谷秀光著:ブックレットシリーズ14『経営に生かすSDGs講座 ―持続可能な経営のために―』を刊行します(関係者のご理解・資料提供を得て、笹谷個人としての執筆です)。このブックレットは、SDGsに […] (2018/4/25)

赤門の空を舞う 緑のインコ

私たちに身近な生物多様性(32)[坂本 優] 東京大学の本郷キャンパスには、「赤門」と呼ばれる門がある。文政10年(1827年)、当時の加賀藩主が徳川将軍家から正室を迎えるにあたり建立した朱塗りの門で、国指定の重要文化財 […] (2018/4/12)

ラジオで被災者と震美術に想いを寄せて

一人の市民としてラジオ放送に関わる 私は2年ほど前から岐阜市の市民(コミュニティ)ラジオ、てにておラジオで自分の番組を持って番組企画をし、公開収録をしていただいている。収録は岐阜市にある図書館を有する複合施設、メディアコ […] (2018/4/4)

「若年性認知症」の里 こころざしの譜(16)

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(16) 「あなた、早くして。もう皆さんが飛行場に着くころだわ」  妻の綾子が隆を自宅の居間から追いたてる。 「わかっている。そうあわてるなよ」  役場に顔を出すと、町長が「 […] (2018/4/4)

冬枯れの林を彩ってくれた青い鳥 ルリビタキ

私たちに身近な生物多様性(31)[坂本 優]   ルリビタキは日本国内で1年中観察できる野鳥だが、本州などでは夏は山に住み、東京など平地で見られるのは秋から春にかけてとなる。成長した雄は、背中から脇にかけて鮮や […] (2018/4/3)

世界自閉症啓発デー、ヘルプマークへの期待

「外見からは分からないが配慮や支援が必要な人」の中にオーティズム(自閉スペクトラム症)を含む発達障がいのある人がいる。「外見から分からない」ということは、配慮や支援が受けにくいだけではなく、そういう人が社会の中にいるとい […] (2018/4/1)

東京五輪、紙調達基準案が抱えるリスク

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(東京2020組織委員会)の紙とパーム油に関する調達基準案が作成され、3月30日まで、一般からの意見募集を行っています。(川上 豊幸=レインフォレスト・アクション・ネットワーク日 […] (2018/3/28)

東京五輪、パーム油調達基準が抱えるリスクと課題

3月16日、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会(東京2020組織委員会)は紙とパーム油に関する調達基準案を作成しました。「持続可能性に配慮した紙の調達基準(案)」と「持続可能性に配慮したパーム油を推進するための調 […] (2018/3/23)

SDGs実装元年は陰徳から「開示型の三方よし」

フランスを代表する世界文化遺産、モン・サンミシェル。かつて陸続きにしてしまい世界遺産のまわりの生物多様性が失われたので、橋を架ける大工事と電気バスシャトルの設置を行い、今や海の干潟の生物多様性がよみがえった。SDGsの目 […] (2018/3/22)

国際女性デー、日本でも認知広がる

  3月8日に東京、宮城、愛知、大阪、の4都市でHAPPY WOMAN FESTA2018が開催された。これは、女性がいきいきと生きられる社会を実現すべく、国際女性デーを日本の新たな文化行事として定着させようと […] (2018/3/15)

岩手・重茂漁協、海を守る使命と誇り

岩手県沿岸部、複雑に入り組んだ海岸線が続く三陸海岸の中央部に、本州最東端の重茂(おもえ)半島がある。豊かな海の天然資源を、享受するだけではなく、自ら率先して守り続けてきた地域であり、東日本大震災後は様々な連携を通して新し […] (2018/3/15)

復興に向けた「まちづくり」「ひとづくり」

いわて三陸復興のかけ橋プロジェクトによる「第6回岩手かけ橋共創ネットワーク会議」(2017年度第2回)が2月7日、東京都千代田区のNagatacho GRIDで開催された。会議には復興支援事業を行っている首都圏の企業34 […] (2018/3/14)

Page 1 of 161234... »|

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑