alterna columnist

「スポーツ」と「CSR」のかい離

SDGsを掲げた日本スポーツ界初のリーグ統合社会的責任イニシアチブ B LEAGUE Hope についての先回のコラム「B.LEAGUE、日本初のスポーツの社会的責任イニシアチブ」では「SSR(スポーツの社会的責任)」と […] (2017/8/16)

NGOのキャンペーンは「組織犯罪」?

最初にお断りしておく。これは米国で起きていることで、日本ではない。しかし、これを対岸の火事と言い切れるか、そしてもし同じようなことが日本で起きたらどうなるか。可能性は低いとしても、問題提起としてご紹介したい。(一般社団法 […] (2017/8/16)

牧草地を森に還す、ユニークなブナの森づくり (1)

  森のライフスタイル研究所は、2013年から長野県下高井郡木島平村のカヤの平高原牧場でブナの森をつくる活動をしている。「牧場で森づくり」と聞くとちょっと不思議に思われるかもしれない。実はこの森づくりには、いく […] (2017/8/14)

泥んこシルクロード

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(8)  遠くうっすらと稜線を残して山々が連なる。それを背に草原を駆け抜ける馬の群れ。草はまばらで土煙があがる。ド、ド、ドと地響きを立てて疾走している数は二十頭を超える。一人 […] (2017/8/4)

選挙が終わり、テレビを見て思ったこと

僕らは今まで政治に期待したりガッカリしたり応援したり怒ったりとクルクル繰り返しの人生だけど、何か自分で将来のために準備できることはさっさとやっておいたほうがいいと思っています。 特に若者はそうすべきだと思っており、それは […] (2017/8/1)

「企業は誰のものか」という命題の終わり

日本でも企業の戦略や業績などの「財務報告」と、ESGやCSRなどの「非財務報告」が一体となって企業の価値を表現する「統合報告」の発行が年々増えています。昨今の国内の統合報告の趨勢を見ている中で、少し投資家向けに重心が置か […] (2017/7/25)

WWF「企業の温暖化対策ランキング」第4弾を発表

  2017年6月23日、WWFジャパンは、「企業の温暖化対策ランキング」プロジェクトにおける第4弾の報告書を発表しました。このプロジェクトは、政府レベルでの温暖化対策に停滞感が見られる中、企業の取り組みを後押 […] (2017/7/21)

アマゾンの買収、コンシャス・キャピタリズムを問う

アマゾンがホールフーズの買収を発表しました。アマゾンにとっては、長年目指していた食品市場での足場固めにつながります。富裕層やミレニアル世代の顧客に人気のある有機野菜などの生鮮食品の販売網を獲得できるほか、店舗受け取り、宅 […] (2017/7/19)

本来の自然を子どもたちに伝えていく

ギンザのサヱグサ 対談 Green Dialogue  環境保全、環境教育などを通して社会貢献に取り組むさまざまなスペシャリストに、ギンザのサヱグサの三枝 亮が話を伺う「Green Dialogue」。第8回のゲストは、 […] (2017/7/11)

企業と社会フォーラム(JFBS)第7回年次大会を開催

企業と社会フォーラム(JFBS)第7回年次大会 サステナブル・エンタープライズ:企業の持続性と社会性 学会「企業と社会フォーラム」(JFBS)は、2017年9月7~8日、「サステナブル・エンタープライズ:企業の持続性と社 […] (2017/7/7)

ホームレスに恋をして

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(7)  華やかなネオンの谷間に沈んだようにして灰色のドヤ街はあった。女子大生の私は大学院に進み、ホームレス支援の活動を続けながら貧困をテーマに修士論文を書こうとしていた。ド […] (2017/7/4)

木を植えただけでは森はつくれない:草刈りの重要性

  森づくりの活動をしているというと、「木を植えているんですか」と聞かれることが多い。世の中では森づくり=植林という認識があるのだろう。わが国では、公益社団法人国土緑化推進機構と開催地となる各都道府県の主催によ […] (2017/6/29)

パリ協定だけではない、トランプ政権の「ぶち壊し」

今月は、トランプ大統領のパリ協定脱退宣言が世界の耳目を集めたが、相前後して看過できない動きが米国で起きていたことにお気づきだろうか?テーマは、ここ最近日本でもよく耳にするようになったESG投資である。(一般社団法人Sus […] (2017/6/29)

「蝶の舞い」とドラムスティック

「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(6)  日が落ち、闇がさびれた工場に溶け始めた郊外の街は静まり返っていた。時折、パトカーが通り過ぎ遠くで犬の吠える声がするくらいで人通りはない。古いビルの角を曲がり三階まで […] (2017/6/28)

台風被災乗り越え、岩泉を支えたCSVの絆

昨年の台風10号豪雨により、大きな被害が出た岩手県岩泉町。復旧作業が今も続いている中、町最大の観光スポット龍泉洞の再開に続き、5月15日、岩泉乳業と日本ゼトックの共同開発による新製品「龍泉洞の潤いジェル」が発売された。 […] (2017/6/20)

地理的表示保護制度の活用で地方創生

地方創生では関係者連携で地域資源を掘り起こし、制度も活用してブランド化することが重要だ。政府方針でも触れている、消費者の需要に応じた商品を生産・供給するという発想で「需要と供給をつなぐバリューチェーン」の構築にも役立つ。 […] (2017/6/19)

なぜ私がグリーンピースの事務局長に?

はじめまして。国際環境NGOグリーンピース・ジャパンの事務局長に2016年8月に就任しました、米田祐子です。 オルタナ・オンラインのコラムでは、最新の環境問題をお伝えするとともに、グリーンピースのことをもっと知ってもらお […] (2017/6/14)

まちづくりの展覧会「まちてん2017」いよいよ始動

まちてん2017がいよいよ始動しました。今年12月8・9日、渋谷ヒカリエで第3回目として開催されます。笹谷は、昨年に引き続き、「まちてん実行委員長」を務めます。今回はその概要をお知らせします。(伊藤園常務執行役員=笹谷 […] (2017/6/11)

「人はなぜ森をつくるのか」。その理由を考えてみた

  当団体の代表と居酒屋で話をしていたら「海や川を人がつくることはできないが、森なら人がつくることができる」とおもしろいことを言った。しかし、よく考えてみると運河があるから、川は人がつくれる。だが海はさすがに難 […] (2017/6/3)

WWFが見た国連気候変動ボン会議、パリ協定の行方

2017年最初の国連気候変動会議が5月8日~18日の日程でドイツ・ボンで開催されました。2015年のCOP21(国連気候変動枠組条約第21回締約国会議)で採択された、地球温暖化防止のための新しい世界の約束「パリ協定」。そ […] (2017/5/30)

Page 1 of 131234... »|
alternaショップ
ページの先頭に戻る↑