alterna columnist

坂本優

都会の水辺で青く輝く生きもの2題

  ■私たちに身近な生物多様性(22)[坂本 優]  チョウトンボ チョウトンボは、ほぼ全身が紺青のトンボだ。東京都心でも、夏、東京港野鳥公園の観察小屋から高い確率で観察することができる。陽射しの強弱、光線の反 […] (2016/9/23)

工房のあった建物の内部

台風被害から約3週間、岩手県岩泉町からのメッセージ

台風10号で大きな被害を受けた岩手県岩泉町。水道や電気、道路は地域の方および各方面の懸命な努力で復旧しつつありますが、現在も300人以上が避難所に避難されています。高齢者世帯が多いため、片付けが困難でボランティアも不足し […] (2016/9/20)

目標達成に向けて気合いを入れる高校生たち

高校生が東北3県の名産品を販売、アルビオンが後押し

化粧品メーカー・アルビオンが、東日本大震災の復興支援の一環として2014年から取り組む、高校生が選ぶ地域の特産品を、高校生自身が東京で販売するプログラム、称して「東北ふるさと市場プログラム」。参加した高校生が「ふるさと」 […] (2016/9/20)

CSR48

コミュニケーションロボットで遠隔地から演奏会鑑賞

  残暑の厳しい9月のとある夜、東京・赤坂にあるサントリーホールの小ホールで、ちょっと風変わりなピアノ演奏会が行われた。最前列に陣取ったのは観客ではなく、5体の小型ロボット。実はこのロボットを通して、ホールから […] (2016/9/14)

0912_1

地方創生映画『クハナ!』が問う「価値」の意味

「価値」とは何か。人間は判断を理性的に行う生き物で、特に企業活動では「価値」はお金に換算できなくてはいけないと言う性があります。しかし、私が住む三重県桑名市のある映画づくりプロジェクトを通して、本当の価値とは何かというひ […] (2016/9/13)

坂本優

鳥たちが旅する道、フライウェイ・ネットワーク

■私たちに身近な生物多様性(21)[坂本 優]  渡り鳥の「渡りのルート」を地球的規模で大きく束ねた、ゾーンとしての移動経路を「フライウェイ」という。世界には、9つの主要なフライウェイがあるとされる。日本は、そのうちの一 […] (2016/8/15)

RCF

岩手「龍泉洞の化粧水」が誕生、地域資源の生かし方

新規事業開発に際し、既存アセット(資産)を有効活用するケースはよくある。今春新たに誕生した、岩手県岩泉町の持株会社「岩泉ホールディングス」。新規事業開発にあたり、事業会社である岩泉乳業と岩泉産業開発が、化粧品開発で既にビ […] (2016/8/3)

坂本優

「味の素 バードサンクチュアリ」の思い出

■私たちに身近な生物多様性(20)[坂本 優]  「私たちに身近な生物多様性」と題するこのコラムが20回を迎えるにあたり、私が会社員をしながら、このような発信を行う契機ともなった、工場内でのバードサンクチュアリ開設の取組 […] (2016/7/27)

Takeshi Shimotaya for Alterna

「GRI国際会議2016」、G4からスタンダードへ

下田屋毅の欧州CSR最前線(50) CSR/サステナビリティ報告書の国際的なガイドラインを定めるGRI(グローバル・リポーティング・イニシアティブ)の主催による「GRI国際会議2016」が5月18日~20日の3日間にわた […] (2016/7/8)

ダイバーシティの現状、未来を見据えてこそ意味がある

■ダイバーシティの現状(8) 山岡 仁美 年齢、キャリア、雇用形態、国籍など、すべての「違い」を認知し受容し活かすことがダイバーシティであり、女性活躍推進がダイバーシティではないとこのコラムでも寄稿してきました。ただ、女 […] (2016/7/8)

石井先生

英国EU離脱を「有限地球史観」から考える

石井吉徳 東大名誉教授/もったいない学会名誉会長/元国立環境研究所長(第9代) EU離脱の国民投票の結果は、まさに僅差であった、市民の意思は揺れ動き、国民にはさまざまな迷いがあったのであろう。色々な解説、コメントが世界や […] (2016/7/5)

坂本優

法面緑化-開発の象徴から自然再生の拠点へ 

■私たちに身近な生物多様性(19)[坂本 優]  道路の開削や宅地の造成などによって、人工的にできた斜面を法面(のりめん)という。法面は、防災上の観点から、現地の状況等を踏まえ、コンクリートブロックなどで全面を覆うことも […] (2016/7/4)

坂本優

錦鯉の群れと「生態系の構築」

■私たちに身近な生物多様性(18)[坂本 優] 数年前、都内の大学構内の池に錦鯉が放された。岸辺には「錦鯉が加わり、生態系を構築中なので大切に見守って」ほしい旨の案内板が設置された。 ちなみに、「池の生態系」が構築されて […] (2016/6/27)

石井先生

21世紀の日本は、すでに「沈黙の春」の世界

石井吉徳 東大名誉教授/もったいない学会名誉会長/元国立環境研究所長(第9代) 平成28年6月22日 地球は有限である 人類は無限の経済成長はできない。人口はすでに70億を超え、今も増え続ける。現代工業社会は大量生産の仕 […] (2016/6/22)

坂本優

天使にもなり悪魔にもなるネコたち

■私たちに身近な生物多様性(17)[坂本 優] 今、空前のネコブームだという。今年(2016年)5月、福島の芦ノ牧温泉駅の猫駅長「ばす」の社葬が営まれ、多くのファンが集まったことがテレビで報じられた。昨年は、和歌山の貴志 […] (2016/6/20)

CSR48

[CSR48] 女性活躍推進から考えるワークスタイル

  企業の女性CSR担当者などで組織するCSR48は6月8日、「女性活躍推進から考える ワークスタイルのデザイン」セミナーを、グループウェア開発最大手サイボウズの東京オフィス(東京都中央区)で開いた。約50名が […] (2016/6/20)

miwa_shoko_avatar_1417588854-120x120

ニール・ヤング「さよならスターバックス」で考えた

実は、今年になってから、少し消費活動を切り替えてみました。 例えば、スターバックス。私の住む地元、名古屋に進出して以来かなりの頻度で長時間滞在し、時には仕事をしました。いわゆる常連として居座り、そのおかげで新製品のテイス […] (2016/6/11)

CSRmonthly_saitou-150x150

持続可能な発展のためのビジネスや組織づくり

今回は、JFBS第5回年次大会「企業家精神とサステナブル・イノベーション」(2015/910~11、CSR Asiaおよびフンボルト大学国際CSRカンファレンスとの共催)より、プレナリーセッション 1「大企業における企業 […] (2016/5/13)

RCF

デジタルハリウッド大、出前授業で岩手を元気に

RCFは今年度、岩手県から事業を受託し、「いわて三陸 復興のかけ橋プロジェクト」に取り組む。東北復興をきっかけに発足した同団体は、中長期的な地域振興や県外企業との協働事業を推進するための、ステークホルダー同士のマッチング […] (2016/3/24)

Takeshi Shimotaya for Alterna

企業の人権に関する法制化のゆくえ――下田屋毅の欧州CSR最前線(49)

企業に関わる人権について、企業に対して人権配慮や適切な行動を起こすことを法規制によって進めさせようとする動きが世界的に起きている。英国の調査機関のレポートによると、世界における企業に関わる人権侵害が、2008年から70% […] (2016/3/24)

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑