alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

「オルタナ式英単語術」(25)[nail][bust][cap]

マスクしながら汗を拭く毎日。暑いですが、皆さんお変わりないでしょうか。 今月は夏休みSP企画。誰でも知っている単語の意外な意味を見ていきましょう。楽しんでイメージしてみてください。 1 nail ネイルといえば、もちろん […] (2020/8/7)

環境劣化の「低減」ではなく「逆行」を目指す新概念

ALTキーワード:リジェネレーション サステナビリティ(持続可能性)の概念を一歩進めた、リジェネレーション(再生)という新概念が注目されている。 サステナビリティ概念だけでは地球課題の根本的解決には到達できないとする危機 […] (2020/8/5)

飛騨高山の価値創造千年物語~江戸時代編~

世界遺産白川郷にほど近い日本が誇る観光地のひとつ飛騨高山。岐阜県の山奥にある人口10万人に満たない小さな町が輝いてきた理由。それは飛騨の匠や高山祭の祭り屋台、誰もが惹かれる風情を残す古い街並み、そして圧倒的なブランド力を […] (2020/8/5)

「こころの免疫力」について考えてみませんか

今回の新型コロナウィルスは、想像していた以上の規模で世界に多大な影響を及ぼしました。それぞれの国が対応に追われ、いまだ消えない新型コロナウィルスの脅威に、これからの私達は「with コロナ」の生活をおくることになります。 […] (2020/8/5)

アフターコロナ時代に求められる働き方とは

■個人と組織の持続的な関係性(2) 新型コロナの影響で在宅勤務をベースとする企業は増えてきた。成果に重きをおいたジョブ型の働き方のもと、同時に議論される終身雇用の崩壊は、採用の入り口に対して、退職の出口における人材の流動 […] (2020/7/31)

コロナは働く意識や働かせ方にどう影響を与えたか

■個人と組織の持続的な関係性(1) 働き方改革がスタートして以降、社会の働き方に関する意識は高まった。さらに新型コロナの影響で、さらにその必要性は高まり、結果的に働き方は変化を余儀なくされた。その変化を、個人側、企業側の […] (2020/7/29)

政策そのものになったSDGs (笹谷 秀光)

SDGsの「主流化」が進んでいます。政策面での主流化の象徴が、「スーパーシティ構想」という最新のシティ政策です。規制緩和と最新技術の組み合わせで異次元の「丸ごと未来都市」をつくる構想です。(千葉商科大学基盤教育機構・教授 […] (2020/7/27)

「日本初のワイン」は福岡?(中)

◆論説コラム ■熊本大学論文の衝撃 日本ソムリエ協会の教本に、「日本初のワインは福岡」説が加筆されたのは、熊本大学永青文庫研究センターの紀要「永青文庫研究」創刊号(2018年3月)に載った後藤典子特別研究員の「小倉藩細川 […] (2020/7/27)

原田勝広の視点焦点:社会起業家の現在地

一時、時代のトレンドだった「社会起業家」という言葉を聞かなくなって久しい。町田洋次著「社会起業家」が世に出たのが2000年、渡邊奈々著「チェンジメーカー」の出版が2005年です。 当時、マザーハウスの山口絵理子、フローレ […] (2020/7/22)

「日本初のワイン」は福岡?(上)

◆論説コラム ■日本初のワインはどこか 歴史の前では謙虚でありたいものである。まして、歴史は歪めてはならないと思うが、これが簡単ではない。今回はおしゃれを決め込んで、ワインの歴史について考えてみたい。1973年の「ワイン […] (2020/7/16)

国際決済銀行が予測する「気候版ブラックスワン」

ALTキーワード:グリーンスワン 国際決済銀行とフランス銀行は2020年1月に共同報告書を発表した。その題名となった「グリーンスワン」という概念が注目されている。 これは元ファンド運用者のタレブが2007年に著した『ブラ […] (2020/7/7)

「オルタナ式英単語術」(24)[vie][slur][eke]

まだまだコロナ禍が続きますが、不自由ななか工夫して夏を楽しむ動きも出てきました。新たな生活様式を試行錯誤しながらポストコロナの価値観を見出せますように! では今月の英単語です。 1) vie 「争う、張り合う」。“vie […] (2020/7/6)

アフガンの「黒い正方形」(希代 準郎)

◆「ショート・ショート」(掌小説)こころざしの譜(43)  カブール郊外に目指す家はあった。土漠の中にポツンと立っている。壊れかけた玄関のドアをたたくと髭をたくわえた熊みたいな男がぬーっと顔を出した。 「アクバルを探して […] (2020/7/3)

原田勝広の視点焦点:「青い地球」を守る賞

地球サミットを知っている人も少なくなったかもしれません。1992年、ブラジルのリオデジャネイロで開催された国連環境開発会議のことです。 30年近く前になりますが、私は当時、現地で取材したのでよく覚えています。キューバのカ […] (2020/6/24)

今、ミラーワールドへのとば口で考える

◆論説コラム いささか旧聞に属するので恐縮だが、この春、国連の194番目の加盟国として「ミラーワールド」が承認されたという話をご存じだろうか。ミラーワールドというのはAR(オーグメンテッド・リアリティ)、つまり拡張現実が […] (2020/6/12)

「オルタナ式英単語術」(23)[shun][wage][rout]

少しずつ日常が戻ってきました。新たな生活様式、新たな価値観のなかで「あたりまえ」の有難さをかみしめつつ、今月の英単語を始めましょう! 1)shun 「(意図的に)避ける、無視する」。(やり方や振る舞いを)受け入れられない […] (2020/6/10)

コロナ禍と気候変動 #すべての危機と闘う

世界は今、危機の只中にあります。 新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のパンデミックによって、 世界の感染者数は619万人、死者数は37万人を超え(2020年6月2日時点)、今もなお増え続けています。2020年1 […] (2020/6/9)

桜並木を飛びかうアイドル「エナガ」(坂本 優)

私たちに身近な生物多様性 36 エナガは、昔から根強い人気の野鳥界のアイドルだ。エナガに的を絞って探しに出かけるとなかなか見つからないが、シジュウカラやヤマガラ、メジロなどの群れを追っていると、行動をともにするエナガをふ […] (2020/6/5)

世界の小売業が注目する「養殖品のエコラベル」

ALTキーワード:BAP(バップ)認証 国内で有名な水産エコラベルといえば「漁業」を対象とするMSC認証(英・海洋管理協議会)などが知られるところだ。これに加えて近年、BAP認証というラベルも注目されるようになった。 こ […] (2020/6/5)

RFJ活動30周年記念イベント「どこいくの」

「どこいくの」 熱帯森林保護団体「レインフォレスト・ジャパン」の活動30周年記念イベント「どこいくの」が6月10日から14日まで天王洲アイルで開催されます。 私たちエムズシステムは創業当初の2000年から20年間、活動を […] (2020/6/5)

Page 1 of 291234... »|

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑