2019

2019/12/25

メディアをつなげるある約束

12月4日、東京・渋谷にある国連大学本部ビルの一角であるイベントが開かれた。東京の国連広報センターが主催し、ニューヨークの国連本部からも戦略広報部長が来日。そこへ11社の日本のメディアが招かれた。取材目的ではない。では、 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/12/25

ユーモアでタブー破る 「世界トイレ機構」

■オルタナ本誌59号「世界のソーシャル・ビジネス アジア編 シンガポール」から シンガポール人のジャック・シムさんは、実業家として成功した後、40歳を機にトイレの伝道師として社会起業家に転じた。今やその活躍はシンガポール […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/25

原田勝広の視点焦点:中村哲医師はなぜ死んだのか?

アフガニスタンでNGO(非政府組織)、ペシャワール会(福岡)現地代表の中村哲医師が12月初め、何者かに銃撃され死亡してからしばらく経ちましたが、いまだに割り切れなさを感じています。アフガンのためにあれだけ尽くした人がなぜ […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS SPECIAL CONTENTS

2019/12/25

世界を席巻する電動キックボードの光と影(上)米国編

欧米やアジアの大都市で、自転車シェアに続き電動キックボード(eスクーター)のシェアリングサービスが急速に拡大している。化石燃料を使用しないため環境に優しいとされ、渋滞や駐車場問題を緩和してくれるものとして導入が加速してい […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/24

タンスで眠る衣服を回収・販売し、衣料ゴミを削減

■オルタナ本誌59号「世界のソーシャル・ビジネス 北米編 米国」から ブランド衣料などの中古オンラインショップ、スレッドアップ(本社・米サンフランシスコ)が、JCペニーなど有名百貨店やブランドなどとのパートナーシップを積 […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/23

住友理工がSDGs学生小論文アワード、賞金100万円

住友理工は、大学生・大学院生・留学生らを対象にした「第6回 SDGs学生小論文アワード」を発表した。小論文のテーマは「企業が持続的に成長するために、SDGsにどう取り組めば良いのか」。2020年3月15日から6月15日ま […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/23

防災備蓄から食糧支援へ、「パンの缶詰」で社会貢献

「パンの缶詰」で災害時に備え、同時に国内外の食糧難解決に貢献する――。「パン・アキモト」(栃木県那須塩原市)は、災害備蓄用に販売した缶詰入り生食パンを賞味期限前に回収し、国内被災地や世界の食糧難地域に届ける「救缶鳥プロジ […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/21

COP25報告:史上最長の延長COP、3つのハイライト

平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度未満(できれば1.5度)に抑えるという長期目標を持つ「パリ協定」が2020年から本格的に始まります。その実施を前に、国連の温暖化防止会議(COP25)が、2019年12月2日から2週 […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/12/21

農水省、ゲノム編集食品を有機農産物と認めない方針

農林水産省はこのほど、有機農産物・有機加工食品・有機飼料・有機畜産物の各日本農林規格(有機JAS)について、 ゲノム編集技術を用いて生産されたものを原材料などに使用できないことを明確にする改正を行う方向性を発表し、パブリ […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/21

美容室が子ども用ウィッグの無償提供を支援

美容室経営などを行うレボル(埼玉県川口市)は12月25日から、髪の毛をなくした子どもたちに笑顔を届けるため、日本かつら協会(神奈川県川崎市)が運営する「スマイルプロジェクト」に参画することを発表した。全国45店舗の直営・ […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/20

アディダス100%再生可能シューズ、21年発売へ実証

アディダスジャパンは12月20日、使用後に100%再生可能なランニングシューズ「FUTURECRAFT.LOOP」の実証品を発表した。接着剤を使用せず単一素材で製造することで、使用後に回収・溶解し、再生産できるシューズと […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/20

WWF、「グリーンホリデー」な10のアイデア

世界自然保護基金(WWF)ジャパン(東京・港)は、年末年始のホリデーシーズンに向け、人にも地球にも配慮した「グリーンホリデー」な10のアイデアを提案している。(オルタナ副編集長=吉田広子) WWFジャパンは「楽しいホリデ […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/20

ジャパンSDGs アワード総理大臣賞に魚町商店街振興組合

外務省は12月20日、第3回「ジャパンSDGsアワード」の結果を発表した。最高賞となるSDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞は魚町商店街振興組合(福岡県北九州市)が受賞し、SDGs推進副本部長(内閣官房長官)賞には、大阪府 […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/20

豊島がWWFとタッグ、持続可能な「水利用」と「繊維調達」を推進へ

豊島(愛知県・名古屋市)はこのほど、国際環境NGOのWWF(世界自然保護基金)ジャパンとの協働を開始すると発表した。日系ファッション企業としては初となるWWFジャパンとの協働によって、地球環境の保全とサステナブルなファッ […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/20

補助具で雪上移動 車イスでスケートも

■オルタナ本誌59号「世界のソーシャル・ビジネス 欧州編 スイス」から 雪上を歩くには滑りにくい靴が適しているが、車イスやベビーカーでの移動は逆に滑りやすいほうが良い。それなら滑る器具を装着すればいいと、車イスで生活して […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/20

生分解性プラスチックは本当に分解するのか(下)

この連載の(上)では、生分解プラスチックについて取り上げた。このほか、「バイオプラスチック」と称した容器類も最近では多く出回るようになった。「生分解性」「バイオ」という名称が独り歩きして、消費者を戸惑わせる懸念もでてきた […]...続きを読む »

FEATURE STORIES SPECIAL CONTENTS

2019/12/19

ゴールドマン石炭融資削減へ、NGO「邦銀立ち遅れ」

米ゴールドマン・サックスは15日、石炭関連事業への融資を抑制する環境方針を発表した。石炭採掘からの段階的撤退など米大手銀行初の本格的な内容だ。同社のデビッド・ソロモンCEOは、今後10年で7500億ドル(約82兆円)を再 […]...続きを読む »

NEWS

2019/12/19

「オルタナ式英単語術」(17) [rake][reap][wade]

速いものでもう12月。「今年の重大ニュース」「流行語」がメディアを賑わす季節となりました。 今年最後の英単語です。まずは、まさに「いま」の話題から。 1)rake 「落ち葉などを(熊手で)かき集める」です。まずはそのまま […]...続きを読む »

alterna BLOGGERS & COLUMNISTS

2019/12/18

味の素・明治・雪印など4社が「動物福祉」で調達方針

動物を人道的に扱う「アニマルウェルフェア(動物福祉)」が、ESG指標の一つになりつつある。畜産業に関する投資家のイニシアティブFAIRRの運用資産残高は、2200兆円(2019年11月時点)に上り、アニマルウェルフェアや […]...続きを読む »

FEATURE STORIES SPECIAL CONTENTS

2019/12/17

廃炉作業と無農薬綿畑:復興を巡る福島の今

東日本大震災支援全国ネットワーク(JCN)主催、「JCNツアー2019『答えは東北にある』」が、12月10、11の両日福島県で実施された。東京電力福島第一原子力発電所では廃炉作業が行われる一方、視察先の一つでオーガニック […]...続きを読む »

NEWS

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑