平均気温の上昇を産業革命前に比べて2度未満(できれば1.5度)に抑えるという長期目標を持つ「パリ協定」が2020年から本格的に始まります。その実施を前に、国連の温暖化防止会議(COP25)が、2019年12月2日から2週間の会期で、スペイン・マドリードにおいて開催されました。ハイライトは、積み残されたパリ協定のルールに合意すること、そして各国が提出した温室効果ガスの削減目標を引き上げる機運が強く打ち出せるかでした。COP25にはスウェーデンの16歳のグレタ・トゥーンベリさんをはじめとした世界の若者たちも参加し、大人たちに対策の強化を訴えました。会期を2日延長した末、COP25はギリギリのところで、各国に対して対策強化のメッセージを打ち出すことができましたが、それは決して、湧き上がる若者たちの叫びに充分に応えたものとはいえません。日本も石炭火力推進姿勢を強く非難されているにも関わらず、応えることもありませんでした。(WWFジャパン

■COP25の3つのハイライト

スペイン・マドリードで開催されたCOP25

今回の国連気候変動枠組条約第25回締約国会議(COP25)では、主に以下の3つのハイライトがありました。

【1】「パリ協定」の積み残しルールの詳細決定
【2】各国の温室効果ガス排出削減目標の引き上げ
――(1)グレタさんをはじめとする若者の声
――(2)石炭に固執する日本に対する世界の声
――(3)COP25における野心の引き上げに関する議論
【3】非国家アクターの動き

■【1】「パリ協定」の積み残しルールの詳細決定

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10