ESG

This tag is associated with 7 posts

2017/09/15

9/22 セミナー「ESG投資の実態」

ESG投資、スチュワードシップコード、エンゲージメント…最近話題の横文字用語ですが、「投資家から環境の質問をされたことはない」「そもそも個別のヒアリングを受けたことがない」といった声も企業の担当者からは聞こえてきます。実 […]...続きを読む »

EVENTS

2017/07/25

「企業は誰のものか」という命題の終わり

日本でも企業の戦略や業績などの「財務報告」と、ESGやCSRなどの「非財務報告」が一体となって企業の価値を表現する「統合報告」の発行が年々増えています。昨今の国内の統合報告の趨勢を見ている中で、少し投資家向けに重心が置か […]...続きを読む »

alterna columnist

2017/03/30

中期経営計画へのESG/CSVの組み込みの動き

味の素の事例から 最近、中期経営計画にESGやCSVの内容を含める企業が増えています。投資家がESGに関心を持ち始めていることや、経営としてのCSVへの関心の高まりを反映したものでしょう。しかしながら、今のところは、ES […]...続きを読む »

alterna columnist

2017/02/03

ESGリスクに対応した日本企業のガバナンス体制の整備

近年、我が国では少子高齢化と人口減少が加速しており、国内市場の縮小傾向が顕著になっている。他方、海外では中長期的トレンドとして、新興国/地域が経済成長を続けており、全世界的な企業活動のボーダーレス化が進行している。 これ […]...続きを読む »

alterna columnist

2016/12/07

ESG情報開示で、中長期の企業像描く

年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が国連責任投資原則(PRI)に署名するなど、ESG(社会、環境、組織統治)投資が広がるなかで、企業には情報開示が求められている。博展(サステナブル・ブランド国際会議 東京 実行委 […]...続きを読む »

NEWS

2016/11/18

「IR優良企業賞」に住友金属鉱山と東京海上HD

IR活動の普及と質の向上を目指す日本IR協議会(JIRA)は11月14日、2016年度のIR優良企業賞を発表した。JIRAは毎年1回、優れたIR活動を実施している企業を会員企業の中から選定している。21回目となった今年は […]...続きを読む »

NEWS

2016/11/14

発足10年を迎えシンポジウム開催―PRI責任投資原則

国連環境計画金融イニシアティブ(UNEP FI)が提唱した責任投資原則(Principles for Responsible Investment)が、発足して10年を迎えた。PRIは2006年、コフィー・アナン前国際連 […]...続きを読む »

NEWS

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑