小泉元首相「政治が原発ゼロを決めれば、知恵は専門家から出てくる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

小泉元首相 (Wikimedia Commons.)

小泉純一郎元首相は12日、日本記者クラブで講演し、脱原発について「政治で一番大事なのは方針を示すことだ」と述べ、政治が原発ゼロの方針を示すべきとの考えを示した。(オルタナ編集委員=斉藤円華)

小泉氏は原発問題について「広くて大きくて深い問題。国会議員だけで代案出そうとしてもなかなか出るもんじゃない」とした上で「(原発ゼロにともなう)広範囲な問題を、専門家の知恵を借りて解決するべきだ」と訴えた。安倍首相に対しては「国民が望む方向に権力を使うことを期待する」と話し、脱原発への決断を促した。原発ゼロの時期については「即時がいい」とした。

菅喜偉官房長官は同日午後の会見で、小泉氏の発言に対して「責任あるエネルギー政策を進めることが極めて大事で、政府はできる限り原発依存度を低減させる方向で検討している」と述べた。

2013年11月13日(水)10:25

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑