山形のNPO、就労困難な若者たちと居酒屋を営む

このエントリーをはてなブックマークに追加
会員制居酒屋「結」の店内には、ビリヤードもある

会員制居酒屋「結」の店内には、ビリヤードもある

山形県米沢市のNPO法人With優は2013年2月、会員制居酒屋「結」をオープンし、1年以上経過した。同法人ではこれまでに学校になじめずに不登校やひきこもりになる小中学生から高校生を対象にしたフリースクールを運営し、高卒認定試験の合格や大学進学などの実績を作ってきた。(フリーライター・今一生)

With優は、子どもたちや若者の就労体験の場としてカフェ・レストランを手がけていたが、18歳以上の若者たちの就労トレーニングの場として居酒屋は「失敗してもよい場」がコンセプトになっている。

開業資金は300万円程度かかる見積もりだったが、白石祥和代表によると、「150人以上の個人から寄付をいただきました」という。

「それまでに法人の主たる財源は寄付ではなく、委託事業や助成金でした。初めてプロジェクトに対する寄付を募ったのですが、活動を随時報告していたフェイスブックを通して地域の市民が芋づる式に広めていただき、1人で1万円を寄付された方が最も多くいました。私たちの活動の趣旨をご理解いただき、若者を一緒に支援したい方のみ300円で会員になれて利用できる居酒屋ですが、1650人ほどの会員がいます(2014年5月17日時点)」

就労のトレーニングとしては、調理の衛生面、接客ノウハウなどで不定期に地元の居酒屋やリタイアした地域住民の方からの指導を受けている。

トレーニングする若者たちの指導を行う職員の人件費は今のところ県が負担しているが、「ゆくゆくは事業として自立していかなければ」と白石代表は言う。

「長くても半年ぐらいでこの店を卒業できるように計画していて、週3~4日スタッフとして通ってくる方が多いです。オープンしてトレーニングを積んでから、5~6人がよそで働けるようになりました」

「まだニートという人は2人だけ。この居酒屋から民間のジョブトレなどを経て、ほとんど就労につながりました。コミュニケーションに不安を抱えている人や若者どうしがつながり続けられる居場所でありたい。就労した後に本当の壁にぶつかってやめてしまい、本人から連絡が来ないこともあるため、何かあった時の相談の場でもありたい」

月に1回全体ミーティングがあり、若者たちも「こんな商品があれば売れるのでは」と発表。メニューや運営方法も一緒に考えている。今後は農業にも力を入れる。

2013年度は、企業から支援を受けて、ニンニクやタマネギを作った。フリースクールでも、農作物を余していたり、ノウハウをもっている地域の農家と連携していく予定だ。

「今年は農業にみんなで挑戦します。農業を底上げする意味でも、カフェ・レストランと居酒屋を運営できるようにしたい」

◆NPO法人With優
http://www.with-yu.net/index.html

2014年7月4日(金)12:27

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑