オルタナ38号(2014年9月29日発売)

このエントリーをはてなブックマークに追加

★定期購読キャンペーン実施中★

今お申込み頂くと
▼半年間(2冊分)50%オフ
▼お好きなバックナンバー1部プレゼント
詳しくは富士山マガジンサービスで

※対象は「月額(毎号)払い」です。停止のご連絡があるまで、お送りしますので、更新忘れがなく、大変便利です。解約はいつでも可能です。
※オルタナ38号の全ダイジェストはこちら⇒ http://www.alterna.co.jp/13756

38号の表紙を飾るのは、グラミン銀行の創設で知られるムハメド・ユヌス氏

38号の表紙を飾るのは、グラミン銀行の創設で知られるムハメド・ユヌス氏

◆feature story 1

「CSRか利益か」
議論は終わった

英国先進CSR&エシカル企業最前線

世界のCSR(企業の社会的責任)の潮流は、間違いなく「英国」に源を発する。日本企業では「CSRか利益か」という議論がまだ続いているが、英国のCSR先進企業においては、この議論はとっくの昔に終わり、企業価値の向上や競争戦略の文脈でCSRを語る。その最前線を追った。

・マークス&スペンサー
・トゥルーコスト
・ハーミーズ・エクイティー・オーナーシップ・サービス(HEOS)
・ラッシュ
・ザ・ボディショップ
・CSRを後押しする英国NPOたち

◆alterna person

福本 剛史(イオンフォレスト/ザ・ボディショップ代表取締役社長)

「経済」と「社会」の両立がブランドの王道
1990年、英国発の自然派化粧品として知られるザ・ボディショップが日本に上陸した。企業も社会の一員として環境や社会問題に取り組むべきだとし、「企業には世界を良くする力がある」という創業者アニータ・ロディックの企業哲学は、日本社会をどう変えてきたのか。ザ・ボディショップを展開するイオンフォレスト福本剛史社長に聞いた。

◆feature story2

ESD次の10年 地域との連携カギ

日本政府が提唱したESD(持続可能な開発のための教育)が始まって10年目を迎えた。最終年の今年11月には、最終会合としてユネスコ世界会議が名古屋で開催される。だが一方で、ESDは日本や日本企業に十分に浸透してきたとは言いがたい。2015年以降、日本企業はどのように取り組めばいいのか。

◆feature story3

クラウドファンディング カギは「リターン

日本にクラウドファンディング(CF)が急速に浸透するなか、お金を集めたいプロジェクト間の競争も激しくなってきた。CFプラットフォーム(仲介サイト)事業8社にプロジェクト成功のカギを聞いたところ、「リターン」(見返り)というキーワードが浮き彫りになった。

◆Social interview
2030年までに貧困ゼロを
――ムハマド・ユヌス氏インタビュー

経済学者であり、貧困層向けに少額融資(マイクロファイナンス)を行うグラミン銀行を1983年に設立したムハマド・ユヌス氏。貧困削減のための新しいモデルを提示し、バングラデシュの貧困削減に貢献したことが評価され、2006年にはノーベル平和賞を受賞した。利益の追求ではなく、社会問題の解決を志向する「ソーシャル・ビジネス」について聞いた。

◆Social Design Gallery
軍事政権に追われ、「忘れられた難民」

◆art
高橋さとみの切り絵ワールド「鳥になってサカナになって」

◆オルタナ魂
グローバリゼーションとCSR

◆columns
オルタナティブ経営論 田坂広志
エゴからエコへ 田口ランディ

◆social innovators
ETIC.
ETIC.の現場から 由利吉隆

日本財団
NPOが投資対象となり得るためには 町井則雄

社会起業大学
魂を解き放て! 田中勇一

◆social business around the world
[アフリカ編/ケニア]キオスクに太陽光、未電化地域を照らす
[北米編/米国]アマゾンが教えを乞う掟破りの顧客対応

◆agriculture
農業トピックス 西村ユタカ

日本農業 「常識」と「非常識」の間  徳江倫明

◆forestry
林業トピックス 編集部

「森を守れ」が森を殺す  田中淳夫

◆fishery
漁業トピックス 瀬戸内千代

人と魚の明日のために 井田徹治

◆columns
オルタナティブな空間 馬場正尊

RtR JAPAN運営日記 松丸佳穂
エコのご意見番 木内 孝

欧州CSR最前線 下田屋 毅

◆alterna S presents
オルタナティブな若者たち
途上国でソーシャル・ビジネス

KIYOの哲学 実践編 南 清貴
良質なエネルギーはサツマイモから

エコでヘルシーな食空間 岡村貴子
病中でも「食の喜び」をエネルギーに

エシカル・ファッションの旗手たち 生駒芳子
ファッションと自然の融合 ブラジル発の「オスクレン」

東京ポタリング 山本修二
港区に点在する大名屋敷跡と坂を巡る

世界のエコホテル巡礼 せきねきょうこ
大自然の掟を厳守、幻のテントで夢の休暇

オルタナセレクト
秋の夜に、和心を

グリーン経営者フォーラム
北海道/東北/関東/中部・北陸/東海/関西/九州

◆flash fiction
「こころざし」の譜 希代準郎
Qさん、のこと

読者プレゼント

★あなたのご意見・ご感想を本誌に載せてみませんか? 「読者の声」募集中★

定期購読のご注文は富士山マガジンサービスで!

Phone/iPadで最新号購入のほか、無料のバックナンバーを読みたい方はオルタナアプリを!

全国書店アマゾンでも販売しています!

  • 英国先進CSR&エシカル企業最前線
  • 「CSRか利益か」という議論がまだ続いているが、英国のCSR先進企業においては、この議論はとっくの昔に終わり、企業価値の向上や競争戦略の文脈でCSRを語る。その最前線を追った。
  • イオンフォレスト(ザ・ボディショップ)福本 剛史社長「経済」と「社会」の両立がブランドの王道

2014年9月24日(水)14:31

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑