岩手県大槌町で雇用生み出す「復興刺し子プロジェクト」

このエントリーをはてなブックマークに追加

★10月15日配信「オルタナ編集長メルマガ」の読者プレゼントで、こちらのコースター2枚組を2名様にプレゼントいたします。(10月31日締切)専用フォームから応募ください。また各種CSR情報と読者プレゼントのある「オルタナ編集長メルマガ」の登録はこちらから

こちらのコースター(2枚組)を抽選で2名様に!

こちらのコースター(2枚組)を抽選で2名様に!

鮮やかなカモメと葉っぱのプリントに、刺繍の葉脈が映えるコースター。岩手県大槌町の「大槌復興刺し子プロジェクト」の商品だ。東日本大震災後の2011年5月、有志5名が、大槌の女性の雇用を作るために立ち上げた。コースターに限らず、アパレルや文房具なども展開する。(オルタナ編集部=佐藤理来)

東北は、津軽の「こぎん刺し」、南部の「菱刺し」、庄内の「庄内刺し子」と三大刺し子の土地でもある。大槌刺し子は、これらの伝統柄に続く、現代刺し子としてのブランド化を目指している。プロボノなどの力を借りながら、「復興支援」ではなく「商品」として買ってもらえるよう、デザインの面でも工夫を凝らす。

一つひとつ手作業で施された刺繍は、現地の刺し子さんによる仕事だ。年配のおばあちゃんや、子育て中のお母さんがひと針ずつ刺していく。これまでに作られた枚数は6万枚を超える。

2014年10月14日(火)20:22

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑