4年で4万人を動かしたトヨタのアクアソーシャルフェス

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタマーケティングジャパンが行う環境保全活動「AQUA SOCIAL FES!!(アクアソーシャルフェス)への累計参加者数が4万人を突破した。同活動は、ハイブリッド車「AQUA(アクア)」のプロモーションの一環で、各地域の水辺で清掃や外来種駆除を含む自然回復活動を行うもの。同社社員だけで行うのではなく、その地域に住む人々に参加を呼びかける。アクアは販売台数日本一を3年連続で成し遂げており、社会的課題を解決して、ブランディングにつなげるこの手法に注目が集まっている。(オルタナS副編集長=池田 真隆)

鶴見川の清掃をするため、休日の朝に100人が集まった

鶴見川の清掃をするため、休日の朝に100人が集まった

アクアソーシャルフェスが始まったのは2012年3月からで、それ以来4年間続いてきた。アクアという車名から「水」をテーマに選び、各地域の川・湖・海の保全活動を行っている。これまでに全国47都道府県で397回(15年8月1日時点)行われてきた。

活動内容は多岐に渡る。清掃活動をしている三重県松阪市の松名瀬海岸には、伊勢湾最大級の干潟があり、海浜植物や鳥類の憩いの場だ。しかし、潮干狩りや海水浴でにぎわい、ポイ捨てされるゴミが増え、環境が悪化し、生態系が脅かされていることを受け、清掃活動を実施している。

そのほかにも、熊本県では、県指定希少野生動物の「アカウミガメ」の産卵期に合わせて海岸清掃をしたり、福井県ではコウノトリとともに暮らせる環境を目指して、無農薬の米作り体験をした。

8月1日に長野(魚多し 諏訪の海を取り戻そう!)・奈良(きれいな吉野川を未来に残そう)・愛媛(西条の「豊饒の海」を感じる)で行われたプログラムで、累計の参加者数は4万256人を記録した。6割以上が30代以下の若者たちだ。

ページ: 1 2 3

2015年8月24日(月)16:27

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑