「サッカーで人生変えた」、ホームレス・ワールドカップ創設者が来日

このエントリーをはてなブックマークに追加

全日本空輸(ANA)は7月、世界の社会起業家のフライト支援を行う「ブルーウィング・プログラム 2015」を開始した。12月13日には、支援先の一人である「ホームレス・ワールドカップ」の創設者、メル・ヤング氏が来日し、都内で講演した。ホームレス・ワールドカップは、サッカーを通じたホームレスの自立支援プロジェクトで、参加した8割のホームレスの状況が改善したという。(オルタナ編集委員=斉藤円華)

■8割のホームレスの状況が好転

講演するメル・ヤング氏=13日、都内で

講演するメル・ヤング氏=13日、都内で

ヤング氏はホームレス・ワールドカップの成果について、「選手の約8割が出場を通じて人生を変えた。麻薬などの依存を断ったり、仕事や学業に就いたり、住居に住むようになったりしている」と語った。中にはプロサッカーチームに「移籍」した選手もいる。

貧富の格差が拡大する中、世界全体では10億人のホームレスがいるとされる。ヤング氏は大学卒業後、ジャーナリストとして働き、1993年に「ビッグイシュー・スコットランド」を立ち上げた。「ビッグイシュー」はホームレスが街頭で販売し、売上の一部がその販売者の収入となる雑誌だ。

「世界中のホームレスが体験を共有できる場を」と考えたヤング氏は、サッカーに注目。2003年にオーストリアで初めてホームレス・ワールドカップを開催した。開催地は毎年変わり、2015年9月に開催したアムステルダム大会には、49カ国から64チーム・500人が参加した。会場には10万人以上の観客が詰めかけたという。

「ユニフォームを着れば、うつむいて生活していたホームレスが堂々とした『サッカー選手』になる。人々のホームレスを見る視線が変わった。存在が無視されていた人が、社会の中に存在するようになった」。ヤング氏は開催の意義を「ホームレスも人間だ、と人々に認めてもらうこと」と強調する。

シンポジウムでは、NPOビッグイシュー基金でフットサル担当の長谷川知広氏、金融機関で働くかたわらホームレス日本代表「野武士ジャパン」のコーチを務める蛭間芳樹氏らも登壇した。

長谷川氏は「日本チームを支援するのは外資系企業や篤志の個人が多い。一方、日本企業は自己責任の風潮が強く『なぜホームレスに金を出すのか』との反応が強い」と指摘。蛭間氏はその背景を「欧州でのCSRは歴史的に『雇用する責任』を重視している」と説明した。

■社会起業家が企業に価値生む

ページ: 1 2

2015年12月17日(木)12:23

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑