キング牧師の公民権運動を彷彿とさせたアメリカの同性婚裁判[関根 健次]

関根 健次
ユナイテッドピープル株式会社 代表

この間に結婚式を挙げたカップルたちは、突如非合法なカップルになってしまったのです。これはとんでもないと、2組の同性カップルが立ち上がり、カリフォルニア州を相手に裁判を起こしたのです。

ブッシュ対ゴアの大統領選で敵同士だった2人の弁護士、テッド・オルソンとデヴィッド・ボイスが手を組んだことも一因で、この裁判は全米で大きな話題となりました。この裁判は、ゲイやレズビアンといったマイノリティーの闘いというよりも、かつてキング牧師が戦った公民権運動のように、愛する人を、愛せる社会にするための普遍的な裁判だったように思います。

5年間にも及ぶ裁判の様子を追った感動のドキュメンタリー映画「ジェンダー・マリアージュ ~全米を揺るがした同性婚裁判~」を1月30日(土)に劇場公開することになりました。企画した試写会では涙する方が続出。私自身も号泣しました。この感動のドキュメンタリーを、ぜひ劇場で作品をご覧ください。

◆「ジェンダー・マリアージュ ~全米を揺るがした同性婚裁判~」http://unitedpeople.jp/against8/

ページ: 1 2

関根 健次
ユナイテッドピープル株式会社 代表
ベロイト大学経済学部卒。2002年にユナイテッドピープル株式会社を創業し、世界の課題解決を目指す事業を開始。募金サイト「イーココロ!」を運営。2009年から映画配給事業を開始。2011年から一般社団法人 国際平和映像祭を設立し国連が定めたピースデー9月21日に合わせて国際平和映像祭(UFPFF)を主催している。2013年よりピースデージャパン共同代表。著書に『ユナイテッドピープル』も。

2016年2月2日(火)20:46

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑