WWF発表「地球1.5個分必要」

このエントリーをはてなブックマークに追加

WWF(世界保護基金)は10月13日、「生きている地球レポート2010」を発表した。それによると、今日の人類の生活維持のために地球1.5個分が必要なことがわかった。

同レポートは地球環境の現状と、人類が地球環境に与える負荷について調査を行い、2年ごとに発表。2500種類の生物のデータを基にした「生きている地球指数」は、1970年から2007年までに30%低下した。とりわけアフリカ諸国などの低所得国では60%も低下し、自然環境の劣化が進んでいる。

また、人間の自然資源に需要量が1966年から倍増して地球1.5個分に達し、2030年にはさらに2個分にまで増えるとの見通しも示した。レポートは「地球1個分の資源の範囲内で、今後も増える人口を満たさなければならない」と訴えている。(オルタナ編集部=斉藤円華)2010年10月18日

WWFジャパン プレスリリース

2010年10月19日(火)9:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑