鳥取県北栄町、太陽光の恵みで電力も緑化植物も

北栄ソーラーファームの全景(鳥取県北栄町)

「北栄ソーラーファーム」ができたきっかけは、エナテクスグループの中核企業エナテクス(倉吉市)の福井利明社長の発案だという。「日本海からの風が強く、気候が厳しいこの北条砂丘で何とか町おこしをしたい」という思いがあった。

まず2000年ごろ、出力1500キロワットの風力発電機9基の計画策定に参画した。その後、2011年に再生可能エネルギー推進法が成立。翌2012年にFIT(固定価格買取制度)が始まったこともあり、同社グループは北栄町に次々と大型ソーラー発電施設をつくった。

 

※この続きは、オルタナ57号(全国書店で発売中)をご覧ください。

 

この記事は、第9回「低炭素杯2019」(同年2月開催)における「オルタナ最優秀ストーリー賞」の副賞として掲載しています。

ページ: 1 2

2019年7月11日(木)16:27

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑