「自然エネルギー白書2011」が刊行

このエントリーをはてなブックマークに追加

自然エネルギー白書2011

エネルギーと環境のあり方を独立の立場で考え続けるNPOシンクタンクの環境エネルギー政策研究所(ISEP、飯田哲也代表)は3月10日、各国のエネルギー政策の状況や、自然エネルギーの最新動向をまとめた「自然エネルギー白書2011」を発行したと発表した。販売価格は千円(税、送料込み)。

同書の企画・製作は、ISEPも参加する企業や研究者を含めた民間グループの自然エネルギー政策プラットホーム(JREPP)が行った。日本の自然エネルギーの導入の遅れ、そして現在検討されている全量固定価格買い取り制度(FIT)などの最新情報を盛り込んだ。また太陽光、風力、地熱、バイオマスの各発電について、各国での急速な普及の現状も紹介した。

購入申し込みはEメール(info-jrepp@re-policy.jp)、またはFAX(03-6382-6062)で。(オルタナ編集委員=石井孝明)2011年3月10日

ISEP ホームページ

2011年3月11日(金)11:24

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑