橋下市長、「権限に限界あった」――ツイッターで原発再稼働容認の釈明

このエントリーをはてなブックマークに追加

橋下徹大阪市長

大阪市の橋下徹市長は4日、大飯原発の再稼働容認を表明後、初めてツイッターで連続投稿し「批判は受けるが、計画停電となった時のリスクは誰も語らない」「市長の権限では限界があった」などと弁解した。

橋下市長のツイッター投稿は5月19日以来、16日ぶり。投稿で大飯再稼働の判断基準として「安全性」「電力需給のひっ迫性」「国家経済」の3つを挙げたうえで「国家経済の件は今回度外視しました。これは中長期的なエネルギー政策、原発政策と絡めて判断するもの」「原発推進論者は国家経済を持ち出しますが、これは大飯の問題とは別」と断定。

そして、大阪府市エネルギー戦略会議で安全性や電力需給の検証に努めたとしながら、「大飯については、大阪において安全を確認する権限がない。政府の手続きを検証するしかない。そんな中で政府は安全を強調する。ある意味リスクの負担をしてくれている。一方、計画停電のリスクについては何のヘッジもない。そこで、計画停電のリスク回避を重視したのが今回の声明」「これから本当のエネルギー政策や原発政策の議論ができる。まさに正念場の第2ステージ。大飯では主張を通せませんでしたが、次頑張ります」などと釈明した。(オルタナ編集委員=関口威人)

 

2012年6月4日(月)9:58

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑