失われたいわきの海岸防災林にクロマツを

このエントリーをはてなブックマークに追加

クロマツの苗木を育てる小学生

自転車を用いた宅配便サービスを提供するエコ配(東京・港)は、福島県いわき市の海岸防災林再生を支援するため、寄付つき商品「復興クロマツ」を限定1000セットで4月1日に販売開始する。

東日本大震災にともなう津波で、福島県いわき市の海岸防災林1.4ヘクタールは深刻な被害を受けた。再生には1万4千本の苗木が必要だという。そこで、NPO法人トチギ環境未来基地(栃木県益子町)は、この海岸防災林をクロマツの植樹で再生しようと「苗木forいわき」プロジェクトを立ち上げた。

ページ: 1 2

2013年3月19日(火)12:05

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑