「復興は子どもたちの声の反映が不可欠」

このエントリーをはてなブックマークに追加

岩手県陸前高田市での1年の活動を報告する「子どもまちづくりクラブ」のメンバー

子ども支援の国際NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパン(SCJ、東京・千代田)は11日、東日本復興支援事業の2012年度の活動報告をweb上で公開し、「復興支援に子どもたちの声を」と訴えた。SCJは、被災地域の復興で、子どもたちが意見を表明し参加できる社会をつくることを目的に、岩手県、福島県、宮城県の3県で支援活動を展開してきた。

ページ: 1 2 3

2013年3月21日(木)20:13

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑