重水素実験、岐阜・多治見市も同意で計画本決まり

このエントリーをはてなブックマークに追加

重水素実験でプラズマを発生させる装置(核融合科研ホームページより)

岐阜県土岐市にある「核融合科学研究所」が計画している重水素実験について、地元自治体の一つである多治見市は22日、実験実施に同意することを決めた。

これで、すでに同意の方針を固めていた土岐、瑞浪と合わせた地元3市と岐阜県が、今月末までに研究所との間で協定を結び、2015年度から9カ年計画での実験が始まる見通しとなった。

ページ: 1 2 3

2013年3月25日(月)10:40

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑