陸前高田に家を建て直した77歳のドキュメンタリー

このエントリーをはてなブックマークに追加

忍び寄る病魔、耐えがたい腰の痛み、遅々として進まない市の復興計画――。それでも少しずつ周囲を動かし、数々の障壁を乗り越えていこうとする老人の挑戦を、この映画は淡々と描いていく。

撮影期間は1年6カ月。最初のロケでは車中泊が10日以上も続いた。東京~岩手往復の走行距離は5万キロに達した。1往復約1000キロなので、50回は通ったことになる。流されれば、また建てればいいという頑固さを見せる佐藤さんは魅力的だった。

「本作では笑いにもこだわりました。想像を絶する悲劇に見舞われても、被災者である東北人は朴訥で土地に根ざしたユーモアを忘れずに生きています。それが人間であり、悲しみの向こうに透けて見える明日への希望だと思うからです」(池谷さん)

今後、北海道、新潟、兵庫、熊本など全国各地で順次上映予定だ。(今一生)

◆ 映画『先祖になる』

ページ: 1 2

2013年5月1日(水)14:21

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑