自然エネ普及のカギは人材育成と資金調達

■ 地域のキーパーソンを増やす、人材育成セミナー

地域の自然エネルギー事業に関わる人材の発掘や育成の取り組みも始まっている。5月10日、「ISEPエネルギーアカデミー」が主催する国内初の人材育成プログラムが、ISEP事務局で開講した。

集まったのは首都圏からの参加者を中心に定員一杯の20人で、兵庫県宝塚市から参加した男性もいた。セミナーでは、ISEP研究員の古屋将太氏による「コミュニティでの自然エネルギー利用」をテーマに、講義やワークショップが行われた。

人材育成セミナーの様子。写真右は参加者の木村芳兼さん

参加者の一人で、アウトドア用品メーカーに勤務する木村芳兼さん(34)は、妻の実家が秋田県にあり、その地域のためになることをできないかと考え応募したという。

「参加されている方は年代も職業もバラバラなので、他の方と話すのも刺激になります。私は今ある自然を守るためにエネルギーシフトが必要だと思うので、自らが動かなければ」と思いを語る。

ページ: 1 2 3 4

2013年5月21日(火)13:47

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑