地方の路地裏から世界を変える――IT社長が徳島で起業

このエントリーをはてなブックマークに追加

美波町は町民7700人の40%以上を65歳以上が占める「課題先進地」である。本社移転の翌月に立ち上げた「あわえ」は、過疎地に山積する課題解決を専業とする。「一過性のボランティアではなく収益事業として持続するために」株式会社として開業した。

主な事業は3つ。まず、IT技術を生かして、地域の祭りや昔話などの文化資産を、津波にも備えてデジタル保存していく。また、少数多品目の農水産物のブランディングやEC(イー・コマース)導入を進め、衰退している一次産業を活性化する。さらに、企業誘致や雇用創出を図り、定住者の増加と地域経済の振興を目指す。

吉田社長は「地元行政も協力的で、地域に残っている若者たちの課題意識も高い。地方で生きていきたい都会の若者からの反応も良い。他の進出企業も含め横の連携を強めて、過疎地再生のモデルケースにしたい」と抱負を語った。

ページ: 1 2

2013年7月30日(火)14:11

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑