障がい者比率56%のメーカー、給与体系も健常者と同じ

このエントリーをはてなブックマークに追加

働きやすいように工夫・カスタマイズされた「屋台」と呼ばれているセル生産方式の組み立て現場で働く社員

従業員87人のうち障がい者が49人(うち重度障がい者は36人)、障がい者雇用比率は実に56%というメーカーがある。TOTOの特例子会社、サンアクアTOTO(北九州市)だ。しかも、障がい者と健常者の間に賃金や昇給の格差もないという。日本の一般企業としては極めて珍しい職場をつくった西村和芳社長に話を聞いた。(オルタナ編集部=福島由美子)

西村社長は、「障がい者と健常者の社員の間に、賃金や昇給の格差はありません。障がい者でも健常者でも、その人自身の業績に応じ賃金が上がっていく。障がい者を多く雇用していますが、ごく普通の会社です」と説明する。同社の管理職には、障がい者も登用されている。

障がい者を多く雇用している企業として知られる同社には全国から大勢の見学者が訪れ、昨年度末までに約2万人、今年度上半期だけでも約1300人の見学者が同社を訪問している。

「見学に来た人は、障がい者の労働環境もさることながら、働く障がい者の表情が明るく生き生きとしていることに驚かれます」(西村社長)

TOTOグループ会社の研修の場としても活用され、今年は社員約200人が研修を受け、「元気をもらった」という声が上がった。

ページ: 1 2

2013年10月10日(木)11:51

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑