[CSR]キリンとキハチが三陸の海の幸をブランド化

このエントリーをはてなブックマークに追加

三陸の魚介とキハチ特製ソースのセット商品(調理例)

キリングループは、岩手の水産加工協同組合「三陸パートナーズ」に5000万円の助成を決め、10月末に贈呈式を行った。2014年までの3年間で60億円を投じる「復興応援キリン絆プロジェクト」の一環。三陸パートナーズは、熊谷喜八シェフと開発した水産加工品のギフトセットなどを製造・販売している。(オルタナ編集委員=瀬戸内千代)

同組合は、岩手県大船渡地域で津波被害にあった水産加工業の経営者有志が立ち上げた。現在は、及川冷蔵、毛利、國洋(こくよう)、コタニ、広洋水産、コマツ商店の計6社が、鮮魚集荷や加工、冷凍、流通など、それぞれの得意分野を生かして協働している。

ページ: 1 2 3

2013年11月5日(火)14:25

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑