[CSR]キリンとキハチが三陸の海の幸をブランド化

このエントリーをはてなブックマークに追加

同組合の及川廣章理事長は、「多くの方の支援でここまでこられた。商品開発は苦手だったが、これからは積極的に付加価値を高め、たくさん納税して雇用も生み、国や地域に恩返ししたい」と抱負を語った。

キリングループは日本財団を通じて、岩手県のワカメ、宮城県のカキ、福島県の青のりなどの養殖業再開に、2012年までに4億2220万円を支出した。2013年からは「生産から食卓までの支援」をテーマに、水産物の地域ブランド育成、販路拡大やリーダー育成などに約8億円の支援を計画している。

ページ: 1 2 3

2013年11月5日(火)14:25

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑