古本再生で障害者就労を援助―労金

このエントリーをはてなブックマークに追加

中央労働金庫(東京都千代田区)は、6月1日から『Re Book 』(リブック:ろうきんエコブック制度)を開始した。

障害を持つ人々の教育施設「弘済学園」(神奈川県秦野市)に対して、加盟する労働組合などを通じて古本を集め、それを寄贈する。集めた古本は同施設での装丁をした後で、インターネットなどを通じて販売。収益金を学園の運営費用にあてる。送料、仕分けなど販売にかかわる経費、労務の一部は中央労金が負担する。

中央労働金庫は、首都圏を中心にした労働組合・生活協同組合とその組合員が加入する金融機関。全組合員が一体となって社会貢献にかかわることを目指し、この取り組みが生まれた。障害者施設で働く人々の就労・所得確保の支援と、資源の再利用を狙う。

中央労働金庫いきいきコミュニティ

2010年6月18日(金)10:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑