「伝説のスピーチ」のセヴァン・スズキさんが来日へ

このエントリーをはてなブックマークに追加

92年の「リオ地球サミット」で「伝説のスピーチ」の少女として一躍有名になったカナダ在住の環境活動家セヴァン・スズキさんが2月、全国でトークツアーを開催する。セヴァンさんは、「子どもや子孫の未来のために、飢餓やエネルギーなど社会的問題について話し合いたい」と意気込む。(オルタナS副編集長=池田真隆)

セヴァンさんは、世界的に有名な生物学者の父と環境運動家の母を持つ日系4世のカナダ人で環境活動家だ。1992年にブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された「地球環境サミット」で、自分たちで旅費を貯めて参加した。

本会議最終日に子どもを代表して発言した6分間のスピーチは、アル・ゴア米副大統領(当時)をはじめ満場の拍手と感動を呼び、現在も「伝説のスピーチ」として語り継がれている。

日本を訪れるのは6年ぶりで、母となってからは初の来日となる。 12歳のリオのスピーチで、「私たちを愛しているのなら行動で示してください」と訴えた彼女は、二児の母親となった22年後の今、「今こそ、知恵を磨き、愛のパワーを取り戻すとき」と話す。

「大きな困難に直面した私たちは、決して無力ではない。愛という、何よりも強力なパワーを持っている。子どもたちへの愛、お互いへの愛、そして自然界への愛。 生物史上6度目の大絶滅の時代に生きる私たち人類は、子どもたち、そしてそのまた子どもたちが生きる未来のためにパワーを取り戻すべき」(セヴァンさん)。

今回のツアーでは、「Love is the Movement!(愛とは、行動すること)」を合言葉に、セヴァンさんと日本で環境運動を展開する人々が各地でイベントを企画する。

・ツアーの詳細はこちら

2014年2月7日(金)11:36

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑