水洗トイレと同じ利便性を追求――リクシルのエコトイレが「新しい取組み賞」

このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅機器メーカーのリクシルは12日、同社の「グリーントイレシステムプロジェクト」が、発展途上国で衛生的なトイレの普及を飛躍的に進める活動を表彰する「GOODプロジェクト」の「新しい取組み賞」を受賞したと発表した。(オルタナ編集部)

徳島県上勝町では温水洗浄機能を備えたグリーントイレシステムを実証中(リクシル広報資料から引用)

グリーントイレシステムプロジェクトは、同社が開発する循環型無水トイレシステムを、下水施設の整備が遅れる発展途上国で普及させる試みで、ベトナムとケニアで実証実験が進む。一般的な水洗トイレと同じ使い勝手でありながら、し尿を堆肥として再利用でき、臭いも発生しないなどの特徴がある。

GOODプロジェクトは特定非営利活動法人日本水フォーラムが主催。同賞の授与に際して、水洗トイレと比べて遜色のない利便性を実現するために積極的に技術開発を行い、先進国への技術の逆波及までも視野に入れた取り組みであることなどを評価した。

リクシル ニュースリリース
世界を変えるトイレ賞(GOODプロジェクト)

2014年3月13日(木)9:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑