農山村から持続可能な農を探る

このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲストの高田代表(写真右から3人目)を囲み、教授陣らと共にクロストークが繰り広げられた

龍谷大学は2015年4月に、新たに農学部の開設を予定している。同大学は、食と農にまつわる様々な問題の本質的な解決を目指し、各分野のトップランナーをゲストに迎え、農学部就任予定の教員とのトークセッションを全6回でシリーズ開催している。2回目のテーマは「農山村から創りだされる食の循環」。有限会社篠ファーム(京都府亀岡市)の高田実代表を招き、「地域農業の未来」について議論を交わした。(オルタナ関西支局特派員=ヘメンディンガー綾)

高田代表は、農園芸の分野で約40年にわたり、小売、卸、流通、輸入に携わってきた。現在は、ハバネロや京野菜といった希少価値の高い野菜の栽培や、加工品の商品開発、限界集落や農業高校との連携など、ユニークで新しい農のビジネスを実践している。

トークセッションでは「就農者が農業だけで生計を立てられない」という問題に対して、解決策が論じられた。

ページ: 1 2 3

2014年4月15日(火)23:05

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑