国内最大級の「オーガニックEXPO2014」、出展者募る

このエントリーをはてなブックマークに追加

出展者向け説明会に登壇したNPO法人日本オーガニック協会の渡辺智恵子副理事長

11月20~22日に東京ビッグサイト(東京・江東)で開催される「オーガニックEXPO2014 together with ビオファジャパン」が出展者を募集している。オーガニックEXPOは、オーガニック・ナチュラル関連の日本最大級の展示会で、今年で14回目を迎える。2013年は19カ国・地域から188団体が参加し、1万5000人以上が来場した。(オルタナ副編集長=吉田広子)

今年のテーマは、「暮らしのオーガニック」。特に女性に注目し、身の回りにあるオーガニック関連製品を生活の一部として取り入れてもらえるように、暮らしに密着した商品を紹介し、次世代につながるライフスタイルを提案する。

会場は、食品や飲料、繊維製品などを集めた「ビオファジャパン」、コスメやスキンケア製品に特化した「ナチュラルビューティケア」、健康志向のライフスタイル製品を集めた「ナチュラル&エコ・プラザ」、「テクノロジー&情報システム」の4つのカテゴリーに分かれている。

今年は新コーナーとして、全国の生産者や加工品メーカーが集まる「オーガニックマルシェ」も設置される予定だ。

4月15日に行われた出展者向け説明会で、NPO法人日本オーガニック協会の渡辺智恵子副理事長は、「オーガニックは人間をもとに戻すもの。震災を経て日本人はたくさんのことに気付いた。日本にオーガニックを広げていきたい」と呼びかけた。

出展料は、基本小間(9平方メートル)31万5000円(税抜)、ミニ小間(4平方メートル)18万円(税抜)。詳細はオーガニックEXPOの公式サイトで。

2014年4月15日(火)23:20

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑