ダイキン、「空気をはぐくむ森」プロジェクト

このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース)
創業90周年記念 社会貢献事業 「『空気をはぐくむ森』プロジェクト」をスタート

ダイキン工業株式会社は、創業90周年を記念した社会貢献事業として、国際NGO「コンサベーション・インターナショナル(以下、CI)」及び公益財団法人知床財団(以下知床財団)と連携し、従来の森林再生・保全活動を拡大した『“空気をはぐくむ森”プロジェクト』をスタートします。

当社は、2008年からCIとインドネシアで、2011年から知床財団と知床半島で、森林再生・保全を行ってきました。90周年を機に、これまでの実績を活かし、活動を世界に広げます。

このプロジェクトは、世界最大級の原生林をはじめとした7箇所※1の地域で、地球の空気をはぐくむ森を守り育て、未来につなげていくことを目的とします。

CIが重要地とする「生物多様性ホットスポット」※2等を参考に、世界有数の自然でありながら危機に瀕しており、当社の事業とも関係性の深い7箇所を支援先として選びました。世界各国や日本での活動実績やノウハウを持つNGOと協力し、その地域がおかれる状況に適した支援を行います。

当社は従来より、事業の成長と地球環境問題への貢献の両立を目指し、CO2排出低減に積極的に取り組んできました。

今後ますます、気候変動による自然災害や食糧問題の危機的状況が拡大し、人類への多大な影響が予測される中、気候変動の要因であるCO2の排出削減のために、事業活動においてインバータ技術※3や新冷媒HFC(R)32冷媒※4の普及等を進めています。

一方、多くの途上国のCO2排出量の大部分は、森林の消失によって森林に蓄えられたCO2が大気中に排出されることに起因します。今回のプロジェクトでは、森林の消失を食い止め、残された貴重な原生林を守り育てることで、CO2の排出を減らし、気候変動の緩和に繋げるよう取り組みます。世界7箇所で約1,100万ヘクタールの森林を保全し、700万トン以上のCO2排出削減※5に貢献します。

森林を持続的に保全するためには、森と共に生きる地元住民の環境知識の向上や、生活基盤の確立など、統合的な支援が不可欠です。

今回のプロジェクトでは、単なる植林だけでなく、森林の破壊を伴う活動に代わる収入源としての持続可能な農業支援、現地コミュニティに対する環境教育、違法伐採・密猟の取り締まり、そしてそのための合意形成やトレーニングなどを実施します。

地元住民が主体となって、森林を守っていくことを目指した支援です。当社100周年に向け、「温暖化を緩和する森」「きれいな空気をはぐくむ森」を地元住民とともに持続可能な方法で保全し、事業と社会貢献の両輪から、世界規模で地球環境に貢献していきます。

※1  CIへの支援6箇所、知床財団への支援1箇所、計7箇所
※2 「生物多様性ホットスポット」
地球上で生物多様性が特に豊かでありながら、もっとも高い危機に瀕している地域。
世界35箇所に指定されている。ホットスポットの多くは途上国にある。
※3 負荷に応じて空調能力を連続的に変化させ、快適性と省エネ性を両立できる技術。
※4 従来の冷媒(R410A)に比べ温暖化係数が約1/3かつエネルギー効率にも優れた
環境負荷の小さい冷媒。
※5 本プロジェクトが保全に貢献する地域全体の2024年までの10年間の排出削減見込み量

2014年5月13日(火)11:26

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑