都議会セクハラヤジ問題、処分求める要望書が不受理 「自浄能力なし」

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都議会の一般質問中、女性議員に男性議員が「早く結婚した方がいい」などとヤジが飛ばした問題で、都議会は20日、発言した議員の処分を求めて女性議員が提出した要求書の受理を拒否した。(オルタナ編集委員=斉藤円華)

セクハラヤジを訴える塩村都議のツイッター投稿に、2万8千回以上のリツイートが

セクハラヤジを訴える塩村都議のツイッター投稿に、2万8千回以上のリツイートが

みんなの党の塩村文香(あやか)議員は18日、都議会の本会議で、子育て支援等に関する一般質問を行った。その際、男性議員から「早く結婚した方がいいんじゃないか」「子どもを産めないのか」などとヤジが飛んだ。

塩村議員は20日午前、地方自治法に基づき、発言した議員の処分を求める要求書を議長あてに提出。これに対して都議会は「発言した議員が特定できていない」との理由で受理を拒否した。塩村議員が午後、会見で明らかにした。

みんなの党の音喜多駿(おときた・しゅん)都議は「都議会には自浄能力が不足しているのではないか。今後、発言者を特定していくことも検討している」と話している。

■「議会への注目低く」暴言の温床に

都議会では過去にも議員のヤジが注目を集めたことがある。2012年3月、自民党の鈴木隆道議員は、都内での放射性物質の除染をめぐり質問した議員に対して「放射能浴びた方がいい。正常になるんじゃないか」とヤジを飛ばし、話題となった。

ページ: 1 2

2014年6月20日(金)15:49

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑