[CSR]さいたま市CSRチャレンジ企業、3年目で40社に

このエントリーをはてなブックマークに追加
同日から商工見本市「コラボさいたま2014」を開催中のさいたまスーパーアリーナで、各企業の代表に認定証を授与する清水勇人市長

同日から商工見本市「コラボさいたま2014」を開催中のさいたまスーパーアリーナで、各企業の代表に認定証を授与する清水勇人市長

全国に先駆けて地方自治体オリジナルのCSR認証制度を創設した埼玉県さいたま市は、11月7日に第3回の「さいたま市CSRチャレンジ企業 認証式」を実施した。(オルタナ編集委員=瀬戸内千代)

2014年度は19社を新たに認定。2012年度は15社、2013年度は6社を認定しており、今回で認証企業は計40社となった。

さいたま市では、「CSRは経営そのもの」と定義づけ、「CSR経営を進める企業の集積が、市の発展を支える」として、CSRによる産業振興施策を展開している。

同制度の対象は、さいたま市が開発した90項目のCSRチェックリストで自社のCSRを自己採点し、基準を満たすことのできた市内の中小企業。

専門家らで構成された同市のCSR推進会議が、1社ずつヒアリングして「長期的にCSR経営に積極的に取り組む姿勢」を審査し、認証を与えている。

新たに加わった19社の中には、既に認定されていた企業からの紹介で応募した企業もあった。清水市長は「全認証企業40社には、CSRコミュニティとして、本市内の中小企業のCSR経営をリードしていただきたい」と激励した。

2014年11月7日(金)16:05

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑