多摩センターで「フクシマを忘れない」 脱原発の集会とデモ

■「原発は電源として重要でない」

折からの小雨が降る中、集会とデモには約50人が参加。福島出身で、聖蹟桜ケ丘に住む夫婦(60代)は「福島を忘れてはいけない」と話した。

「3・11 フクシマを忘れない 原発のない未来を TAMA実行委員会」が毎年3月に開催し、今回で4年目。平和などをテーマに地域で活動する市民団体が、個別のテーマを越えてネットワークを立ち上げた。市民エネルギー団体「多摩電力」に関わる人も参加している。

主催者代表の山口渉さん(30才)は「一昨年の9月から原発稼働ゼロが続いている。原発が電源として重要でないのは明らかで、しかも『核のゴミ』を処理するめども全く立っていない」と指摘する。

時間の経過とともに原発事故への関心も薄れ、またデモに無力感を感じる人もいる。他方、東電原発事故は収束せず、国も原発の維持に前向きだ。山口さんは「運動を続ける中ではいろいろある。集会やデモも一つの方法で、これからも続けていきたい」と話した。

ページ: 1 2

2015年3月8日(日)15:06

ご購読のお申し込み

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑