水流で発電、停電時に照明「ゼロエネルギートイレ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

住宅機器メーカーのリクシルは2日、東北大学の研究チームと共同で、停電時でも水洗トイレへの水流で発電し照明の電気をまかなう「ゼロエネルギー照明トイレ」システムを開発したと発表した。(オルタナ編集部)

「ゼロエネルギー照明トイレ」。右が停電時(リクシル広報資料から引用)

「ゼロエネルギー照明トイレ」。右が停電時(リクシル広報資料から引用)

地震などの災害で停電した際、上下水道が途絶していなければ、水洗トイレへの水流を利用して発電と蓄電を行う。最小の消費エネルギーでも明るく感じられるLED照明と組み合わせ、長時間にわたりトイレ照明用の電力を供給できるという。

東日本大震災時、東北大学では、ライフラインの停止により学内のトイレ利用環境が著しく悪化。この経験を踏まえ、リクシルと東北大学は2014年7月から「ゼロ・エネルギー・トイレ(ZET)」の共同研究を始めていた。

リクシル ニュースリリース

2015年6月3日(水)10:48

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑