住宅の省エネリフォーム・自然エネ導入に補助金――都、来年3月まで

このエントリーをはてなブックマークに追加

都は7月から、既存住宅を対象に、省エネリフォームおよび自然エネルギー設備の導入に対して補助金を交付する事業を始めた。期間は来年3月までで、予算は10億円。(オルタナ編集部)

太陽熱温水器(Wikimedia Commons.)

太陽熱温水器(Wikimedia Commons.)

既存住宅においてエネルギー利用効率の向上と、自然エネルギーの利用拡大を図るのが目的。国の補助を受けて省エネリフォームを行う住宅で、HEMS(住宅用エネルギー管理システム)と、太陽光発電設備または太陽熱利用設備を設置することが補助の条件となる。

助成額は、断熱性能の高い高性能建材を活用した省エネリフォームで最大75万円。国の補助と合わせて費用の半額まで補助する。また、太陽光発電設備ではキロワット当たり2万円(最大19.9万円)、太陽熱利用設備では平米当たり7万円(最大50万円)の補助が受けられる。

既存住宅における再エネ・省エネ促進事業(クール・ネット東京)

2015年7月6日(月)14:28

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑