世界のソーシャルビジネス)TシャツでNPOの資金調達を

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国マサチューセッツ州ニュートンに本社を置くBooster(ブースター)は、メッセージやキャンペーンロゴの入ったTシャツを販売することで、NPOのクラウドファンディングを行うというユニークなプラットフォームを構築している。ブースターは、オンラインでオリジナルTシャツの制作と販売を行うCustomInk社が2013年8月に始めた取り組み。すでに総額2千万ドル(約23億円)を超える寄付の調達に成している。(寺町 幸枝)

高額寄付調達に成功した「オソ・ストロング」や「サム・ストロング」など、ブースターを通じて資金調達に成功したトップ6

高額寄付調達に成功した「オソ・ストロング」や「サム・ストロング」など、ブースターを通じて資金調達に成功したトップ6

アンドリュー・モスCEO率いるブースターは、個人やNPOの資金調達に役立つクラウドファンディングのプラットフォームを提供する。同社のサイトを通じて、常時6千を超えるファンドレイジングを目的としたキャンペーンが立ち上がり、月間100万ドル(約1億2千万円)を超える資金調達が達成されているという。
 
その特徴は、何と言っても「Tシャツ」という分かりやすい商品を利用し、可視化できるメッセージやキャンペーンロゴを用いて寄付を募ることができる点だろう。

ページ: 1 2

2016年1月11日(月)7:33

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑