ユナイテッドアローズ、2年連続「なでしこ銘柄」取得

このエントリーをはてなブックマークに追加

リリース)
株式会社ユナイテッドアローズ 女性活躍推進に優れた企業として「なでしこ銘柄」に2年連続の選定

株式会社ユナイテッドアローズ(代表取締役 社長執行役員:竹田光広、東京都渋谷区)は、2015年に続き、本年も女性活躍推進に優れた企業として、「なでしこ銘柄」に選定されました。

■なでしこ銘柄とは

なでしこ銘柄は、経済産業省と東京証券取引所(以下、東証)の共同事業で、上場企業から女性人材の活用を積極的に進めている企業を、1年ごとに紹介するものです。昨年までは、東証一部上場企業から選出を行っていましたが、今年から東証一部、東証二部、マザーズ、JASDAQの上場企業約3500社へ対象を広げています。

具体的には、女性のキャリア支援、仕事と家庭の両立支援の二つの側面からスコアリングを行い、各業種上位企業の中から財務面(ROE)の基準を満たした企業を選定します。女性活躍促進に優れた上場企業を、「中長期の企業価値向上」を重視する投資家に魅力ある銘柄として紹介することで、そうした企業への投資を促進し、各社の取り組みを加速化していくことがねらいです。

4回目となる2016年は45社が選定され、当社は昨年に続き2度目の選出となりました。

■2015年 選定評価ポイント
昨年の選定時には、以下のポイントを評価いただきました。(経済産業省および東証のレポートより)

■女性のキャリア促進
女性管理職(店長以上、部下を持つ職務以上の者)比率が高く、高位の役職においても女性が就任している。

■仕事と家庭との両立サポート
従業員の月平均残業時間、平均有給休暇取得率、男女別の平均勤続年数などの各種実績データについて、経年変化を詳らかに情報開示している。

■2016年 当社取組み実績

■女性のキャリア促進
2015年3月末の時点で、女性管理職(店長以上、部下を持つ職務以上の者)比率は37.4%となり、より高位の役職においても、取締役を兼務しない執行役員全12名中女性が1名就任している他、監査役についても全3名のうち1名は女性が就任しています。

■仕事と家庭との両立サポート
女性が長く働き続けられる環境・制度の整備に注力し、育児休暇からの復職率は9割以上となっています。従業員意識調査においても、女性従業員の職場環境に対する満足度が高くなっています。

当社は、経営理念体系に掲げる「社会との約束」に則ったさまざまな取り組みをすすめており、「なでしこ銘柄」の選定は、それらの活動が評価されたものと捉えております。今後も、経営理念の追求を通して、企業価値の向上を図ってまいります。

<参考>
経済産業省ウェブサイト>女性の活躍で企業を視る「なでしこ銘柄」
http://www.meti.go.jp/policy/economy/jinzai/diversity/nadeshiko.html

コーポレートウェブサイト>CSRサイト>従業員価値の創造
http://www.united-arrows.co.jp/csr/about/value_02.html

詳細は⇒ http://www.united-arrows.co.jp/news/corp/2016/03/064471.html

2016年3月17日(木)17:00

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑