トヨタ、IUCNレッドリストに5年間支援

このエントリーをはてなブックマークに追加

トヨタは5月10日、生物多様性保全に必要な知見の拡充に貢献するため、2020年までIUCNと協働することを発表した。2016年は「IUCNレッドリスト」の強化に対して約120万ドルを助成。今後5年間、同レベルの支援を続ける。

左)調印式でのIUCN アンダーセン事務局長 右)トヨタ自動車ルロワ副社長

左)調印式でのIUCN アンダーセン事務局長
右)トヨタ自動車ルロワ副社長

IUCN(国際自然保護連合)は、野生生物の絶滅リスクを種ごとに評価し、「IUCNレッドリスト(正式名称:IUCN絶滅のおそれのある生物種のレッドリスト」を作成している。その作成には、アセスメント(個々の種についてデータや科学論文を集め、専門家たちが議論し評価する作業)が欠かせない。

地球上の全生物の種数は把握できておらず、一説には180万種以上と言われている。

続きはこちらへ

2016年6月29日(水)20:49

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑