里山支援で企業とNPOの協働が加速ー無印・トヨタ

このエントリーをはてなブックマークに追加

里山支援を巡って企業とNPOの協働が加速している。良品計画は4月から、千葉県鴨川市で進めてきた棚田保全活動の対象を「里山全体」に拡大し、「鴨川里山トラスト」と名称を変更して活動の幅を広げた。トヨタ自動車は、愛知県豊田市において、農山村の課題にNPOと協働で取り組む「豊森なりわい塾」を実施。移住者が増えるなど成果をあげている。両社とも農山村の過疎化を防ぎ、地域活性化につなげたい考えだ。(箕輪弥生)

mujitoyoya

日本の原風景である美しい棚田が連なる千葉県鴨川市の釜沼集落。普段は静かで小さな集落だが、都会から来た家族や若者で賑わう時がある。良品計画くらしの良品研究所が行う「鴨川棚田トラスト」のイベントである。

続きはこちらへ

2016年6月30日(木)22:32

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑