丸紅や三菱重工、英国の大型洋上風力事業に参画

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

英国の大型洋上風力発電事業で日本企業の存在感が高まっている。丸紅は、英国東部沖の210メガワットの発電容量を有する事業に出資、昨年から運転を開始した。三菱重工業は8メガワットと世界最大の発電能力を持つ発電機をデンマーク企業と共同開発し、2017年中にリバプール市沖合で32基の稼働を予定している。英国ではこの10年で洋上風力の設置機運が高まり、現在、導入量では他国を圧倒している。(箕輪弥生)

英国の洋上風力発電

英国の洋上風力発電

英国では、2020年までに7千基以上の洋上風力発電を設置し、国内の全消費電力の約3分の1をまかなうという大きな目標を掲げている。政府が洋上風力発電に力を入れる背景には、島国のため海岸線が長く、偏西風による安定した風況を得られることや、周辺に比較的浅い海域が広がるなど洋上風力発電を推進する好条件に恵まれていることがある。

続きはこちらへ

2016年7月13日(水)11:03

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑