編集長コラム)五輪を迎える東京湾は死にかけている

このエントリーをはてなブックマークに追加

もう一つ大きな問題は、糞便性大腸菌による水質汚染だ。東京では生活排水、トイレなどの下水と雨水を1本の管で下水処理場に送る「合流式下水道」を使っている。しかし下水管の処理能力を超える雨が降ると処理場がパンクするため、下水を川に逃がす出口が作られた。その数、700カ所以上になる。

このため、特に夏にゲリラ豪雨が降ると、糞尿を含んだ大量の雨水が下水管から川に流れ出て、処理されないままの糞尿が川から東京湾に流れ込むのだ。これを「オーバーフロー」という。

国の海水浴場基準によると、糞便性大腸菌群の数が100ミリリットル中1000個以下と定められているが、過去の水質調査では58000の数値を計測したこともある。大腸菌やO-157によるパンデミック(伝染病の大量発生)を心配する声も上がる。

東京五輪のアセスメントでは、こうした環境悪化の緩和措置(ミティゲ―ション)として、水質浄化施設の設置や底質の改善(しゅんせつなど)のほか、汚染水の流入を防ぐ水中スクリーンの設置などが検討された。

トライアスロンの会場となるお台場海浜公園で、水中スクリーンで競技会場を仕切り、汚れた海水を入れないようにしようとするものだ。本当にそれが可能なのかは、まだ分からない。

亀石さんによると、死にかけた海を生き返らせた事例が米国にあるそうだ。メリーランド州ボルチモアは、チェサピーク湾を目の前にした天然の良港として知られていた。1960年代からの施設の老朽化と主産業の構造不況で臨海部は荒廃した。

その環境保護活動がはじまったのは、30年前の3人の住民の行動からだった。そして、現在の活動を支えているのも住民の湾を守りたいと願う強い気持ちと具体的な行動である。

ページ: 1 2 3

2016年7月20日(水)14:06

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑