FSC森林認証の製品調達に広がりー花王・イオンなど

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国オレゴン州のFSC認証を受けた森 (C)Sam Beebe「Stumpo & skidder 」

米国オレゴン州のFSC認証を受けた森 (C)Sam Beebe「Stumpo & skidder 」

FSC森林認証の製品の調達が企業で拡大している。花王は2020年までに、製品に使用する紙・パルプを持続可能性に配慮したものにすることを表明し、3月から同認証を受けた段ボールの導入を始めた。イオンは衣料品の値札やタグに同認証の資材を使用するほか、衣食住の全分野で FSC認証製品を取り扱う。ミニストップでは2009年より国産の同認証木材を使用した木造店舗の展開を開始し、159店まで広がった。(箕輪 弥生)

森林認証を得た紙製品が5割超え―花王

適切に管理された森林資源を使用したFSC森林認証をもつ製品を、企業が自社の製品や配送材、建造物などに使うケースが増えている。

花王は、2013年の自社の原材料調達ガイドラインにおいて、「事業が自然資本に依存していることを認識し、パーム油や紙などの調達に関しては、原産地の森林破壊ゼロを支持する」ことを明言した。

これに基づき、同社では2020年までに、製品に使用する紙・パルプ、包装材料などは、再生紙、または持続可能性に配慮したものを購入すると宣言している。

具体的には、再生紙以外の紙やパルプに関して、基本的にFSC認証など第三者の認証を得たものとし、それ以外のものは、WWFジャパンが作る「林産物チェックリスト」を活用し持続可能性に配慮したものかどうかを確認している。

続きはこちらへ

2016年8月2日(火)19:19

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑