キリンの県別「一番搾り」絶好調―県民性重視が奏功

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

キリンが5月から投入している「47都道府県の一番搾り」のビール販売が絶好調だ。2016年の販売目標120万ケースを突破し、新たに上方修正した販売目標の200万ケースも7月末に約8割を達成した。売り上げは東北や四国などで拡大している。ワークショップを開くなど県民性を丁寧にリサーチし、地元の魅力を前面に押し出す「地元愛」にあふれたビールは消費者から厚い支持を得ている。(松島香織)

地域の魅力を商品コンセプトに47都道府県で展開している

地域の魅力を商品コンセプトに47都道府県で展開している

「47都道府県の一番搾り」は、北海道、鳥取、福岡など全国9か所にある工場の醸造開発責任者が、地元の有識者などとワークショップを開いて開発した。その地元ならではの楽しみ方や魅力を商品コンセプトにしている。また人気アイドルグループ「嵐」をCMに起用するなどして力を入れている。

続きはこちらへ

2016年8月18日(木)8:30

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑