NZスーパー、動物福祉に配慮した卵を奨励

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ニュージーランドで大型スーパー最大手のカウントダウン社(本社オークランド)は8月、「放し飼い」や「平飼い」など、動物福祉(アニマルウェルフェア)に配慮した養鶏を鶏卵生産者に奨励するプログラムを発表した。同国の消費者の間で、狭い鶏舎に閉じ込める養鶏に対する反発や動物福祉への支持が広がっているのに対応した。今後、基準を満たした鶏卵は全量を買い上げる。(クローディアー真理)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

現在ニュージーランドの鶏卵市場では、放し飼いの卵が19パーセント、平飼いが5パーセント、残り76パーセントはケージ飼いだ。ケージ飼いの劣悪な環境は、近年各メディアで報じられ、一般消費者の知るところとなった。

報道の影響で、ケージ飼いの卵より1個あたり倍の価格でも、放し飼いや平飼いの卵を買い求める傾向は強い。カウントダウンでは、現在約40パーセントを占めるこうしたタイプの卵の売れ行きは、さらに増えていという。一方、政府諮問委員会も2022年までにケージ飼いの廃止を求めており、その勧告に従い、鶏卵産業界は対応に努めている。

続きはこちらへ

2016年9月13日(火)19:51

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑