スマホ・ゲームの寄付でマダガスカルに安全な水を

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日本ユニセフ協会(東京・港区)は、スマートフォンのミニゲーム「デジタル・タップウォーター・アドベンチャー」を公開した。1回のプレイについて100円を、日本製粉が日本ユニセフ協会に寄付する。レストランやカフェで提供される水に対して募金をすることで、途上国へ安全な水を届ける活動「TAP PROJECT」の一環だ。(枝松 麗)

デジタル・タップウォーター・アドベンチャーのモニター画面。公開1週間で利用者は1400名を超えた(9月8日現在)©TAP PROJECT JAPAN/2016 

デジタル・タップウォーター・アドベンチャーのモニター画面。公開1週間で利用者は1400名を超えた(9月8日現在)©TAP PROJECT JAPAN/2016

世界では6億6300万人以上、10人に一人が清潔で安全な水を使うことができず、汚れた水と衛生環境が原因で年間30万人以上の5歳未満の子どもが命を落としている。

TAP PROJECTは、こうした現状の周知をはかり支援する取り組みで、日本では2009年から始まった。飲食店で提供された水に対して募金活動が行われるほか、イベントや本企画を通じて支援を呼びかけている。

続きはこちらへ

2016年9月13日(火)19:57

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑