英食品飲料業界、2025年サステナビリティ目標を掲げる

このエントリーをはてなブックマークに追加

イギリスの食品飲料連盟(FDF)に加盟する多くの企業が新たなサステナビリティ目標を掲げた。同連盟にはコカ・コーラやネスレ、ペプシコ、キャドバリーなどが名を連ねる。公開されたばかりの「アンビション2025」では、2007年に設定した「5つの環境目標」を基に、気候変動や食品廃棄、輸送などサプライチェーン上の課題解決を目標としてあげている。さらに加盟企業の成功事例なども紹介されている。(編集翻訳・オルタナ編集部=小松遥香)

サステナブルなバリューチェーンの構築を目指すと題した「アンビション2025」

サステナブルなバリューチェーンの構築を目指すと題した「アンビション2025」

「2007年に『5つの環境目標』を掲げた当時は、本当に画期的な試みだった。現在までにCO2の排出や水リスクにおいては大きな進歩があった。次に何ができるのか考えている。業界の垣根を越え、多くの企業と協力していく」とFDFのヘレン・マンデイ・CSOは話す。

FDFが新たに掲げた目標とは

気候変動
2025年までにCO2の排出量を1990年時と比べて55%削減する。

食品廃棄
2016年から食品廃棄をゼロに挑む。農場から口に入るまでのサプライチェーン全体における食品廃棄を削減する。

続きはこちらへ

2016年11月7日(月)15:16

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑