オレンジ色の野鳥――ジョウビタキ再び

坂本 優
アサヒプロマネジメント株式会社 資料室&法務部
このエントリーをはてなブックマークに追加

■私たちに身近な生物多様性(24)[坂本 優]

前回、「紋付き鳥」こと、ジョウビタキをご紹介し、紋付きという名前の由来となった翼の中央付近の白斑についてふれたが、掲載誌面によってはスペースの関係などで白斑が確認できる写真を掲載できなかった。ご要望を受け、改めて、ジョウビタキについて取り上げ、紋付き姿の写真も掲載していただくこととした。

写真A、Bは、山梨の実家で、閉めた窓ガラス越しに、農道を挟んだ柿畑に飛来したオスのジョウビタキを撮影したものだ。彼は、私を覗き込んだ後、胸元から尾羽の先端までオレンジに染まった羽毛を誇示するように顔を上げた(写真A)。しばらくすると、私の気持ちを見透かしたのか、くっきりと浮かび上がった白斑がよく見えるように体をねじる(B)など、いくつかのポーズをとってから飛び去った。

左(A)尾羽の先まで鮮やかなオレンジ、右(B)くっきりと浮かぶ白斑

左(A)尾羽の先まで鮮やかなオレンジ、右(B)くっきりと浮かぶ白斑

昔からの評判どおり「人懐こい野鳥」と実感された十数秒だった。

このジョウビタキと、ユーラシア大陸を二分するように、バイカル湖の西岸からヨーロッパにかけて分布する、近縁のシロビタイジョウビタキは、前回もふれたように、この白い部分がないことが、識別にあたっての大きなポイントだという。

ページ: 1 2

坂本 優
アサヒプロマネジメント株式会社 資料室&法務部
1953年生。東京大学卒業後1979年、味の素㈱入社。本社にて法務・総務業務、工場・支社にて総務業務を担当。2011年カルピス㈱(現アサヒ飲料)出向(‘12年転籍)。 同社及びアサヒグループ食品で法務・コンプライアンス業務を担当。’17年12月より現職。大学時代「動物の科学研究会」に参加。味の素在籍時、現「味の素バードサンクチュアリ」を開設する等、生きものを通した環境問題にも通じる。(趣味ラグビー 関東ラグビー協会理事)

2016年12月4日(日)13:44

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑