味の素、国内で使用する全電力を100%グリーン電力に

このエントリーをはてなブックマークに追加

沖縄のバイオマス発電で実際に使っている「サトウキビのバガス」

味の素は、本社や国内の営業拠点などで使用する全電力を2017年4月1日からすべてグリーン電力化する。日本自然エネルギー(東京・品川)と契約し、本社や国内営業拠点を対象とするグリーン電力証書を購入した。味の素は同証書の購入によって、サトウキビの搾りかすを利用したバイオマス発電由来の自然エネルギーを使用する形となり、事業を通じたサステナブルな地球社会の実現を目指していく。(辻 陽一郎)

味の素は国内・海外すべての拠点で使用する自然エネルギー比率を2020年までに20%、2030年までに50%にする目標を掲げた。タイやベトナム、ブラジルなど海外の拠点では、味の素製品の原料としても使われるサトウキビの搾りかすやもみ殻を燃料とした自然エネルギーの利用を推し進めている。自然エネルギー利用率も向上し、2016年9月時点ではグループ全体で19%に到達した。

続きは「サステナブル・ブランド ジャパン」サイトへ

2017年4月12日(水)20:39

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑