熊本・阿蘇のシャツ屋が育児ママのおしゃれを叶える

このエントリーをはてなブックマークに追加

吉田さんが「惚れた」阿蘇五岳の風景(吉田義貴さん撮影)

神戸市出身のシャツメーカー「TRAILER.sh」の吉田義貴代表(40)は、「空の大きさに惚れて」熊本県阿蘇市に移住した。「殴り合いをしてでもコミュニティに受け入れてもらおう」と覚悟を決めてやってきた吉田さんの本気は、地域の人々に受け入れられ、夢をひとつひとつ叶えていく。子育てママ向けオーダーシャツブランド「gogaku」の立ち上げも、そのひとつだ。構想2年、阿蘇で出会った人たちの協力を得て、515日にブランドデビューした。(松島 香織)

 ブランド名は「gogaku」。熊本のシンボルである「阿蘇山」とは、中央部に連なる高岳、根子岳、中岳、烏帽子岳、杵島岳の「阿蘇五岳」を指すことが多い。ブランド名はこの「五岳」から付けられ、ロゴマークも五岳の稜線からデザインしている。

 吉田さんは、阿蘇に行く地盤固めで数年間、熊本市に店を構えた。そこで妊娠中の女性から、授乳期間中におしゃれに、その後も長く大事に着られるシャツが無いか、相談を受けた。店はメンズブランド「TRAILER」が主流だったため、ブランドの世界観を変えてしまうかもしれず、忙しさや知識不足で断ってしまったが、「授乳孔のあるおしゃれなシャツがほしい」という相談は、その後も数多くあったという。

 「子育てでおしゃれを諦めるなんて、ファッション屋としてとても嫌でした。ファッションは100パーセント、ポジティブな世界です。子育てママの楽しみを手助けできれば、商売としても楽しいはず。ずっと、どうにかしたいと考えていました」(吉田さん) 

ページ: 1 2 3

2017年5月15日(月)17:16

alternaショップ
ページの先頭に戻る↑